FC2ブログ

将棋の取組み

今日の将棋の取組みは、『角交換四間飛車を指しこなす本』を重点的に取り組んだ。
現在、232ページ迄終了した。続きは次回以降の取組みとする。
振り飛車側の指し方はもちろんだが、居飛車側の指し方もここまでなら殆ど覚えた。
ようするに、凹み矢倉から、腰掛銀にすれば良いみたいだ。まだ最後まで仕上げてないので
何とも言えないが、角交換振り飛車も中々良い戦法ですね。角が捌けているので、居飛車側を持っても振り飛車側を持っても指せそうな雰囲気です。
なぜなら、捌き合い、切り合い勝負が私の信条ですので・・・・
だから、居飛車戦で一番勝率が良いのが角換わり戦なんですよね。
まぁ、まだまだ実戦レベルで指しこなす事は難しいでしょうけど、早く仕上げて、実戦に移行していく予定です。
まだ、殆ど採用した事のない戦法です。激指12無制限戦で振り飛車側を持って対局し、居飛車側であります激指君の指し方を勉強して行く予定です。これで、振り飛車側、居飛車側、どちらを持っても十分に戦える筈・・・
後は、将棋ウォーズの実戦で居飛車側を持って対局し、居飛車側の指し方の経験を積む予定です。
まぁ、勝ち負けは度外視ですね。
このような勉強の仕方もあるという事です。
大体、二度、三度見ればボンヤリとでも頭に入りますんで、後は今までの経験で何とでもなりそうな予感です。
(この前のゴキゲン中飛車戦法を採用した時の一局目のような考え方です)
相手に採用された作戦を次の対局で自分が別の相手に即座に採用するような感じです。(試す)
こんな場合、勝ち負けに拘ってはいけません。負けは授業料と思えば気も楽になるでしょう。
勝てば、棚ボタです。
こんな感じで、振り飛車側も居飛車側も将棋で勉強した事を知識として蓄えて行き、実戦で知恵に変換して自分の物にして行く方法を私は採用しております。
だから、その内どちらも(居飛車側、振り飛車側)ある程度指せるようになるんじゃないかと思います。
但し私のような低レベルの範囲での話しです。

級位者の皆さんには参考になる取組み方法及び考え方ではないかなぁ・・・?
と思っております。

それでは・・・
スポンサーサイト



良かった。

11月6日に地震が無くて、本間に良かったです。
今回は、只の『気のせい』でした。
地震の夢を鮮明に覚えてない時は、これからは無いと判断したいと思っている次第です。
今回は、初めて警戒してしまいました。
今、南のトラが目を覚ましたら、私自身が非常にマズイ状況でした。
南海地震、発生年はやはり、2018年ですかね。(ちなみにこれは、私が弾き出したのではありません)
東海地方も北陸地方も関東地方も大きな地震が無くて本間に良かったです。
これで、また将棋に集中できる。

将棋の方ですが・・・
最近は『角交換四間飛車を指しこなす本』を勉強中です。この本を集中して取り組んでいる最中です。
92ページ迄終了してます。繰り返し二度~三度取り組めば、自分の身に付くと思います。
今日も引き続き、この本を取り組む予定です。
激指12四段戦で何度かこの戦法を採用すれば、自ずと居飛車側の受け方も理解出来ると思います。
詰将棋道場 『挑戦編』 も最近は取り組んでないので、今日は取り組む可能性もありますが、優先順位としては
先に、『角交換四間飛車を指しこなす本』を仕上げたいと思います。

将棋ウォーズの方は、目標の初段(達成率99.9)に達成しましたので今日もお休みします。
急いで、二段~三段になる必要は全くないので・・・
急がば廻れですかね。(気が向けばログインするかも?)

それでは・・・

プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
37位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング