FC2ブログ

本日の将棋の取組み(予定です)

今日は、先日送って頂いた矢倉戦の棋譜並べをゆっくりと取組みたいと思います。
後手45歩がプロ間で1勝7敗とは全く気付きませんでした。貴重な情報ありがとうございます。
△45歩って、後手が良くならない筈なんですけどねぇ・・・イマイチ不明です。
但し、後手陣が自ら矢倉囲いを崩して、中央から厚みを気付く発想は私にはなかった。一度見ただけで、ここは私も試してみたいと思った指し方です。基本的に囲いを崩す思考が私の頭にはない。厚みを築いて勝つような将棋を余り指した事が無いのが根本的な原因だと思います。玉の囲いは金銀三枚でガッチリ囲っておいて、そしていつも捌く、切り合う、スピード勝負、これが私の思考に自然と染みついているのかも知れませんね。
今後の課題の一つだと思います。

酒飲んで将棋指すのは、楽しいですよねぇ・・・
将棋ウォーズで指す時などは、そうしていたんですけどねぇ・・・
楽しめなくなってます。IDを作成する段階で大失敗でした。
まぁ、持ち時間10分キレ負け戦ですので長考派の私としては、二段位で丁度いいんじゃないでしょうか?
(持ち時間30分より短い(30分は含まない)将棋は根本的にどうでも良いと思ってます。)
将棋は持ち時間30分からが本当のガチンコ勝負ですよ。これも持論です。
リアル大会が大体25分キレ負けもしくは30分キレ負けですのでね。
もっと欲を伝えるなら、気合い入れて勝負するなら持ち時間120分位でしょうか?
その方が中味の濃い将棋が指せます。

昨日の補足です。
相掛かり戦は、根本的に玉形が薄くなりやすく、また力戦の将棋になりやすい。玉の囲いは金銀三枚で囲うという将棋の基本原則に外れやすいのが特徴ではないでしょうか?強い人と弱い人がこの戦型で戦うと、ほぼ一方的に弱い人が負けると思います。反撃のチャンスもないまま、何の工夫もないままいつの間にか大駒を成られてボコボコに負けて精神的ダメージも大きいんではないでしょうか?そして、この戦型で対局する人が少ないのが大きな要因です。
最初から飛車先を二つ突いたら、振り飛車にする人が多いでしょう。(後手一手損角換わり戦も含む)
矢倉戦のテーマは、玉をがっちり囲って、一局の将棋で複雑な攻めとその複雑な攻めを先読みして受ける。を同時に学べる戦型だと思います。
だから、矢倉戦を徹底的に鍛えるのが私の持論です。

まぁ、相掛かり戦などは、久しく指してないのでその内、指してみたいなぁ・・・とは思います。
(その前に勉強不足です。)

それでは
スポンサーサイト



強くなるには、矢倉戦を徹底的に鍛える。これ持論です。

矢倉戦は序盤が整備されおり、アマチュアがやってもそんなに強くならない旨のコメントを頂いた。
(矢倉戦は余り関係ない)

確かに、序盤は整備されており、プロ棋士が対局してもアマチュア(有段者の上位の部類)が対局しても序盤は変化ないかもしれない。

しかし私はそうは思わないです。

1.突破口を見つけて相手陣地に成り込むことにも一工夫いると思う。

2.駒が最初から捌けてないので、少しずつポイントを稼ぐにはどうしたら良いか?自分で一生懸命考える。(特に級位者はこれが必要だと思う)定跡を完璧に全て覚えているわけでもないでしょう。

3.互角の者同士が勝負した場合、一方的になりにくい。つまり、タイミングを見て攻めるべきか?受けるべきか?自分で考える必要が出てくる。

特に、私は捌けて無い状態で如何に工夫して縦の攻め、そして相手に攻め駒を渡した後の受けを考える事が局面として一番表れやすいのが矢倉戦だと思います。
駒を捌くと言う事は、単純な局面になりやすいと言う事だと思います。
角換わり戦のように最初から角が捌けているわけでもない。横歩取り戦のように中盤戦(中盤力)を飛び越して一気に終盤戦になるような事もない。
振り飛車対居飛車戦のようにL字型の攻め合いになるわけでもない。(L字型の局面は、敵陣に駒を成りこむ事が達成しやすいです)相振り飛車戦のように、お互い捌くのが信条の相手でもない。(相振り飛車戦と矢倉戦は似て非なると思います:対局者の棋風が根本的に違います。)

強い人と弱い人が矢倉戦を対局しても、強い人が勝つには勝つが、攻めに工夫が必要だと思う。弱い人は逆にどうしたら受けれるか?自分自身で考える事が出来る。(受けが強くなる。)駒が捌けてないから一気にやられることもない。(精神的ダメージが少ない)長年将棋を指してきて誰が何を伝えようが強くなるには矢倉戦を鍛える。これは持論ですね。

序盤重視なら整備されているかもしれませんが(それは完成された有段者の場合だと思います)、将棋が好きな人がいつも整備されている局面ばかりで将棋を指しているとは思えないです。一番局面が複雑になりやすく色んな駒の特性を生かす勉強にもなりやすい。一局の将棋で攻めの勉強も受けの勉強も同時に出来る。特に振り飛車党なら矢倉戦はやっておくべきだと思います。

私はそう思います。序盤そうそう馬が出来る確率は低いでしょう。また、序盤そうそう未知の局面の力勝負になる事も数としては少ないのではないでしょうか?

それでは
プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
45位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング