FC2ブログ

本日の将棋の取り組みです。5月1日

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻りもありがとうございます。

本日の将棋の取り組みです。5月1日

寄せの手筋200
第91問:上部脱出を阻止する事を考慮すれば、自然に正解に辿り着ける問題でした。チャチャっと正解に辿り着きました。

第92問:この問題、難しかったです。この手順は気付きにくいです。盲点になるような手順でした。実戦では見逃す可能性大ですね。必至問題だから、何とか正解に辿り着いた印象が強いです。結構、気合入れて考慮しましたね。時間も少し掛りましたのでね。難問の部類に入る問題じゃないでしょうかね?

第93問:この問題も考慮しましたね。妙に苦労しましたね。手順のアヤですね。中々正解手順に辿り着けませんでした。実戦だとこれまた見逃す可能性が高い問題ですね。正解に辿り着いてます。

第94問:この問題は、3手目~5手目にかけて、玉型で妙な受けがあるんですよね。気付きにくい感じでした。これまた、苦労した問題です。正解に辿り着いてます。

今日の第92問~第94問迄は、実戦だと見逃す可能性もかなりありますね。形を頭に叩き込みたい感じでした。


激指14:詰将棋レート戦

今日は、久しぶりに詰将棋レート戦を11問程進ましました。棋書の詰将棋の問題と違って、駒は余るし、何手詰め問題か不明ですね。まぁ、ガチンコ詰将棋の17手詰め問題がまだ正解に辿り着けていないですが、少し簡単な詰将棋の問題を取り組んでおこうと思いましてね。こちらの方を取り組みました。

20160501詰将棋レート戦

激指14無制限戦は、対局しようか?と思いましたが、真田丸を見てましたので中止しました。


不思議な話しです。

輪廻転生・・・
人(コダマ)は死ぬと、元ダマ(霊界、無数にある)に戻ります。元ダマは、その内、集合魂に吸収されます。

つまり

集合魂(コダマの経験値の良いとこだけを取る)→元ダマ→コダマ(人間)です。

人は、生まれてくる前にある程度の人生の計画を自分で立てて生まれてくるそうです。顔も自分で生まれる前に決めるそうです。
美人もいれば、かわいい顔をした女性の方もいれば、ブスもおります。(すいません、はっきり伝えます。)
でもね、ブスの方がより辛い経験をするように生まれる前から自分で決めてこの世に誕生するそうです。つまり、生まれてくる前の志は高いそうです。よくいるでしょう。敢えてきつい所で仕事して、経験を積むと言う人。(私は絶対嫌な人ですけどね)そんなイメージです。
だから、卑屈にならないようにして下さいね。乗り切ったら、美人さんよりも霊格は、上になりますよ。
ブスは性格もブスな人が多いのでね。(私の今までの経験上の話しです。)

明日から気持ちを切り替えて下さいね。

まぁ、少し話しはそれましたが、例えばの話しですけどプレアデス星の総大将:月読尊様(現在、地球のトップの大神様です。)の魂を持った人が人間界に生まれてくる場合もあるかも?しれないですよ。(まぁほぼ無いと思う。)一度集合魂を作って、その中から元ダマを作って、人間に生まれる時はコダマになる。コダマは各地にバラバラで何人も同じ時代に生まれてくる場合もあるそうです。中には、コダマ同志で喧嘩する事もあるそうです。それも経験値を積む為らしいです。

そうして、あの世に戻った時、各コダマの良いとこだけを取り込んで、新たなコダマ(数人~数十人)を世に送り出すそうです。各コダマの経験の良いとこだけを反映させて集合魂が元ダマを作った場合、その元ダマ(コダマ、人間)は、天才としてこの世に誕生するそうです。

だから、前世の影響は、集合魂の影響が反映されているそうです。

私の集合魂は何処の系列なんだろーか?とふと思ってしまいました。プレアデス星からやって来た集合魂の系列ですが、中心の魂(元ダマ)が天才としたら、私はちょっとボーっとしてる端の方の魂(コダマ)じゃないかと思いました。だって、何の取り柄もない只の昼行燈の将棋指しですからね(笑)

皆さんは、ゴールデンウィーク・・・私は30日連続休暇中(記録更新中)です。凄いやろ(笑)
仕事しろよと突っ込みが来そうですけどね。
本音は、いつになったら仕事に行けるやろーか?まぁ、呑気に将棋指しながら待ちますよ。(アホーは寝て待つ)まぁ、仕事の為に今住んでいる所を離れるかもしれないですけどね。今度は、何処行くか内緒にしとこう・・・また、誰かに想念のエリアで狙い撃ち(地震)されたら嫌なんでね。(笑)

九州には、地震に遭いに来たようなもんですけど(涙)、月読神社、霧島神宮、高千穂神社にそれぞれ参拝して、本来の目的は達成しました。

それが、嬉しいです。

老後は、高千穂近辺に住みたいなぁ・・・?と思います。(願望)

それでは
スポンサーサイト



悲願達成・・・

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻りもありがとうございます。

昨日は、快晴・・・

絶好の馬場コンデション・・・

嫁さんが一言

霧島連山に行きたい

そこで、我が家は外出する事になりました。

予定は、

出発→えびの高原→霧島連山→霧島神宮→月読神社→帰宅

ハードでしたね。お蔭で今日は、疲れてくたばってました。さっきやっと体が復活し始めてますのでブログをアップしてます。

霧島神宮:ご祭神 瓊瓊杵尊様 

妄想モード・想念のエリアでは、特に何もないです。(忘れた)何かしら思い出したらアップします。
参拝客が多かったので、妙に落ち着いて参拝が出来なかったですね。


月読神社:ご祭神 月読尊様

悲願達成・・・

ついに、月読神社に参拝に行きました。桜島が噴火したら終了・・・と思いつつ車をブンっと走らせてました。

こちらの方は、参拝客が全くいなかったですね。ゆっくりと参拝してました。但し妄想モード・想念のエリアも特に何もなかったですね。(何かあったような気もする)

余りの疲れに忘れた。すいません。こちらも何かしら思い出したら将棋のついでにアップします。


熊本地震については、色々と伝えたい事は山程ある。まだまだ10分の1位しかアップしてない。

想念のエリアがわかる将棋指しが、良い事(正しい事)を冷静にガッツリ伝えたら、誰も何の反論も出来んようになると思う。相手は、苦し紛れの言い訳もできんやろーと思う。

(そんな事をしたら恥ずかしい思いをする事になる。)

但し、相手を完膚無きまで、叩き潰す事になるのでのちのちずっとその相手から恨まれるやろーと思う。

だから、相手の逃げ道も作る必要がある。仕掛ける前に落とし所を作る必要もある。そのようにしないと泥沼に嵌る。

これリアル社会でも同じです。

また、私も無駄な時間は掛かるし、自分のエネルギーを無駄な事に費やすようになる。そうなると将棋に支障をきたすようになる。それは、本末転倒なんでね。

妄想モード・想念のエリアでは・・・

月読尊様から『控えるように』と伝えられてます。

また、瓊瓊杵尊様からは、『言葉の不注意からつまらぬ争いを招かぬように』と伝えられてます。

誰が何を伝えようが我慢せんとあかんやろーと思う。まぁ、正直冷静になると『めんどくさい』気持ちの優先順位が高くなるのでね。


それから、あるスピ系の出来た管理人さん曰く
(私は、二番煎じです。私の言葉ではないのでね。勘違いしないようにお願いします)

基本的な事ですが要約すると・・・

1.想念のエリアで発生した事は、基本、想念のエリアで解決する必要がある。
2.リアル社会に降りて来た事は、基本、リアル社会で解決する必要がある。


私の基本思考です。

『想念のエリアで地震は、飛ばすものではなくて地球と言う星の意思の元、本来発生するべき場所でなるべく抑えるものです。
なぜなら、地球と言う星の意思が最優先(主導権は地球です。)です。その事を念頭に置いて、始めて自然を愛し自然と調和出来ると思う。』










あかん、臭いセリフはやっぱり合わんわ―・・・




自分で伝えて鳥肌立つわ・・・




きもぉ・・・・




残念・・・



話し変わりますけど、小保方さん、頑張って研究復帰の第一歩を力強く踏み出してほしいですね。

邪魔する存在は、誰であろーと日本の正神の神々様に成敗されますよ。

詳しくは、アップしませんけどね。

将棋の方は、風呂出たら一局指そうか?(未定)と思ってます。

それでは


桜島です。綺麗でしょう。
桜島
プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
38位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング