FC2ブログ

ありがたや、ありがたや・・・(合唱)

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝感激ですよ。

少ない程、共感されてない中でお捻りを入れると言う事は、私個人としては、素晴らしい感性の持ち主だと信じてます。

今の所、約37名の中で3つですからね。

ありがたや、ありがたや・・・(合唱)

私のブログ記事のお捻りの数って、実は、ある特徴があるんですよ。

私が、集中して脳みそキレキレ状態の石田三成状態になるとお捻りの数が極端に減るんですよね。これ、前々から認識してました。

ようするに、私の脳みそが賢すぎるか、アホすぎるかのどちらかなんですよ。少なくとも平均の人では、無いと言う事です。

日月神示を何度も読み返して、他の情報も取り入れて(急がば回れ&偶然)その時の感性と閃きと情報(知識、巷の情報)と分析でリアル社会風に解説してるだけですけどね。

日月神示は、恐らく普通の人ではあさっての方向に行く解釈になると思います。

『一厘の仕組み』も普通の一般ピープルの皆さんだと私の解説でも疑うと思いますよ。霊能者でも無理ですね。

また解説してもインチキだろーと思うんですよね。

でも『一厘の仕組み』→ 仕組み(しくみ)ですからね。救世主様が突然出て来て、空飛ぶとか言う奴でもないんですよ。

日月神示の『しくみ』って、すでに過去の歴史の出来事で発生した完成形もしくは、ルール作りの途中だと思うんですよ。

それが、引っくり返って『元の世』に戻るってことは、普通、大和朝廷以前に戻るって思うでしょう。これが、感性ですよ。

こんなん、瞬殺で気付かんとまず解けませんよ。

落ちぶれた人もそうでしょう。

日本の歴史で落ちぶれた人って、被差別部落の人々かサンカの人々だけだと思いますよ。(サンカの末裔の皆さん、すいません)
その辺のニートとかプーを見渡しても仕方ないんですよ。だったら、この2つに1つでしょう。それで、私自身がエタと言う事もあり、尚且つ天孫族は、末っ子世襲制と言う知識があって、尚且つ我が家が末っ子世襲制だったら、普通に考慮して、何で天孫族の筈の天皇家及びその一族の皆さんが長男世襲制なんだろーって、気付くんですよ。→ 今迄は、気付いていても相手が相手だけに完全スルーしてたんですよ。

でも、『伝えよ』って天照大御神様と天孫降臨、瓊瓊杵尊様に伝えられて、押し問答(勘弁してもらえませんか?)して、その上で伝えた事なんですよ。

日月神示の明神様もそうですよ。たまたま、私と一番縁の深い高次元の神様が天児屋命様だったから、前もって知識として春日大明神様の一柱だと瞬時にわかったんですよ。
ミロクの世もひょっとしたら、私の仏の守護神様筆頭が弥勒如来様だったから気付いただけです。→ 日月神示自体、何か私と縁があると閃いただけです。

私が日月神示を読み始めて一番最初に気付いたのが竜宮の乙姫様ってリアル社会では、小保方晴子さんだって閃いたんですよ。だって、それまでは、小保方晴子さんの事になると木花開耶姫様が怒ったり、相談に来たり、説得しに来たりしてたもんですから、てっきり木花開耶姫様の生まれ変わりの人(分け身魂)って思ってたんですよ。でも乙姫様って玉依姫様って気付いたでしょう。→ 当時の私は、不思議がってましたよね。そんな感じの事もアップしてた筈です。でも木花開耶姫様と玉依姫様が他の人(霊能者?)のブログできちんと説明がされて繋がったのでから、どうして木花開耶姫様が私の所に来たのか、納得したんですよ。

また、日月神示の出た年代も考慮する必要もあります。当時の目線で考慮する所も沢山あったと思うのでね。

まぁ、でも、日月神示とかに出会わなかった方が良かったかも知れないと正直思いました。

私自身も今迄の常識が覆されましたからね。

知らぬが仏かも知れないですよ。

だって、その方が幸せだと思うのでね。

この日月神示を解ける人って

ひつきのひかりさんの鑑定結果(相性だったと思うそのついでに鑑定結果があった)意識レベル445点以上、次元レベルが9次元の人で尚且つ神様の魂を持った人で、天日月神様の視点で読める人だけだと思います。

『一厘の仕組み』について、他に解釈があるなら過去の歴史、リアル社会に当て嵌めて教えて下さい。

私は、そう思います。

でもこのままだと完全にインチキ救世主ですよね。偽物救世主ですよね。

だって、本物が出てくる前に偽物救世主が出てくるってあったしぃ・・・

偽物救世主についても、今の私の感性で行くとトランプ大統領しかいないんですよね。

でも救世主ってレベルでも無いしぃ・・・

だから、最近、自覚が出て来ても、本間にそうなんやろーか?って自分自身無茶苦茶慎重になってるんですよ。

それは、まぁ、私ごとなんでどうでも良い話しです。

それから、虚空蔵55氏が随分前に全部喋ると華族とか言う奴に想念のエリアで叩き潰されると宇宙全史か20年後か忘れたけど、そんな意味合いの文書があったと思いますけど、想念のエリアなんか、全然大した事ないですよ。恐れる事は無いですよ。

それでは
スポンサーサイト



エタの人々の名誉回復!

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

度々の長文になります。私も疲れてきた。でもエタの人々の名誉回復の為なんで頑張ってます。→ 私もエタです。

めんどくさいと思った方は、読み飛ばして下さい。

継体天皇の後も少し追ってました。

第26代、継体天皇 → 第27代、安閑天皇66歳(長子)→継体天皇の後を受けて、66歳にして即位したが、わずか4年で崩御した。 70歳で亡くなった。

第28代、宣化天皇 → 継体天皇の第2子、安閑天皇の弟69歳で即位した。3年で亡くなった。?

第29代、欽明天皇

継体天皇と手白香皇女との間の息子である。父親の継体天皇は第15代応神天皇から分かれ地方に土着した傍系の出自であった。継体は大王位を継承するに際し、先々代仁賢天皇の手白香皇女を皇后に迎え入れている。継体天皇は即位までの妃との間に他に沢山の子がいたが、嫡子は直系の手白香皇女との間の皇子であるこの広庭とされた。宣化天皇の妃が身罷った時に、先代安閑天皇の皇后であった春日山田皇女を中継ぎとして推薦したがこれは辞退され、まだ若い広庭が539年(宣化天皇4年12月5日)に即位した(欽明天皇)。欽明は応神の男系血統と、仁徳天皇以来の王朝の血統を継承したとされ、現皇統へと続く祖となった。

なお、天皇が皇女を皇后とするという流れは、欽明が即位するまでに天皇に立った庶兄の宣化天皇、安閑天皇でも、それぞれ継体に続いて手白香皇女の姉妹を皇后に迎え入れ、さらに欽明自身も石姫皇女を皇后に迎えており、維持されている。仁徳天皇を唯一の例外とするこの流れは、聖武天皇妃の光明皇后冊立まで続いた。

以上です。

何か気付きませんか?

歳の上から順番に皇位についてるでしょう。しかも高齢にも関わらずの話しです。これは、基本的に継体天皇の世襲制が長男世襲制だと思われます。

天孫族には、無い世襲制です。(末っ子世襲制)

また、継体天皇自身について

生涯

『記紀』は共に継体天皇を応神天皇の5世の子孫と記している。また、『日本書紀』はこれに加えて継体を11代垂仁天皇の女系の8世の子孫とも記している。近江国高嶋郷三尾野(現在の滋賀県高島市近辺)で誕生したが、幼い時に父の彦主人王を亡くしたため、母・振姫の故郷である越前国高向(たかむく、現在の福井県坂井市丸岡町高椋)で育てられ、「男大迹王」として5世紀末の越前地方(近江地方説もある)を統治していた。

『日本書紀』によれば、506年に武烈天皇が後嗣を定めずに崩御したため、大連・大伴金村、物部麁鹿火、大臣・巨勢男人ら有力豪族が協議し、まず丹波国にいた14代仲哀天皇の5世の孫である倭彦王(やまとひこおおきみ)を推戴しようとしたが、倭彦王は迎えの兵を見て恐れをなして山の中に隠れて行方不明となってしまった。やむなく群臣達は越前にいた応神天皇の5世の孫の男大迹王を迎えようとしたものの、疑念を持った男大迹王は河内馬飼首荒籠(かわちのうまかいのおびとあらこ)を使いに出し、大連大臣らの本意に間違いのないことを確かめて即位を決意したとされる。翌年の507年、58歳にして河内国樟葉宮(くすばのみや)において即位し、武烈天皇の姉にあたる手白香皇女を皇后とした。即位19年後の526年にして初めて大倭(後の大和国)に入り、都を定めた。翌年に百済から請われて救援の軍を九州北部に送ったものの、しかし新羅と通じた筑紫君・磐井によって反乱が起こり、その平定に苦心している(詳細は磐井の乱を参照)。

以上です。

応神天皇の5世の孫の男 → 継体天皇です。

じゃー、応神天皇を確認すると・・・

概略
学術的に確定しているわけではないが、4世紀末から5世紀初頭に実在した可能性の高い天皇と見られている。宮内庁によれば、在位270-310年とされている[1]。井上光貞は、御名に装飾性がなく(後述)『記紀』に記された事跡が具体的でなおかつ朝鮮の史書の記述に符合する部分も窺えることから、「確実に実在をたしかめられる最初の天皇」としている[2]。また中国の史書との相対比較から、『宋書』や『梁書』に見える倭の五王の「讃」に比定する説もある[注 1]。

一方で、岡田英弘は「応神天皇の五世孫」として即位した越前国出身の26代継体天皇の祖先神であるとして、その実在性を否定する[3]。『記紀』において次帝の仁徳天皇の条と記述の重複・混乱が見られることから、両者を同一人物と考える説もある。また、応神をそれまでの皇統とは無関係な新王朝の創始者とする説もある。(後述)

以上です。

ようするにで出所不明と言う奴です。

余談ですが、兵を送ったら最初の14代仲哀天皇の5世の孫である倭彦王(やまとひこおおきみ)は、山に逃げたそうです。また、仲哀天皇(ちゅうあいてんのう、成務天皇18年? - 仲哀天皇9年2月6日)は日本の第14代天皇(在位:仲哀天皇元年1月11日 - 同9年2月6日)。記紀における伝説上の人物。
とのことです。

以上です。

つまり、継体天皇を遡っていくとどうにもならない感じです。但し、長男世襲制だったのは間違い無いと判断出来ます。と言う事は、天孫族とは、根本的に世襲制が異なるので違う部族だと判断出来ます。

従って、第26代継体天皇の時代に天孫族から出雲族に完全に入れ替わったと判断して良いでしょう。

南朝も北朝も大室寅之助も明治天皇、大正天皇、昭和天皇のいろんな議論もありますが、全部出雲系の議論であって、天孫族の末裔の議論では無いですよ。

すでに第25代で天孫族の王朝は、終了してたんですよ。→ 落ちぶれた人になっていた。(日月神示)

でも、形の上では、天孫族の末裔になってたんですよ。なんでだろーか?→ 今後の勉強課題です。

日月神示にあるでしょう。

磐戸の巻 21帖~01帖

・第13帖・・・249帖

言葉が違うから、精神が違うから違うことになるのだぞ。言葉を正しくすれば正しきコトになるのだぞ。日本の国は元の神の血筋の混じり気の無い身魂で末代治めるのぞ

この意味がわかりますか?

精神 → 世襲制ですよ。(考え方の違い)、長男世襲制と末っ子世襲制のように考え方が違うと言う意味でもありますよ。

そして、ここが大事ですよ。

1.日本の国は元の神の血筋の混じり気の無い身魂で末代治めるのぞ。

今の天皇家では無いという事です。そして、大和朝廷以前の世襲制を意味してますよ。元の神とありますから、当然、天孫族第35代、天照大御神様など天孫族になるんですよ。さらに遡れば、ダビテの末裔、イスラエル失われた12支族になるんですよ。そこを更に遡れば、再度、日本の天孫族初代、大淡上方様になるんですよ。

また、この日月神示が出た当時の被差別部落の人々、エタの人々って結婚差別を受けてる真っ最中でして、エタの人と一般ピープルが結婚する事は、殆どあり得ない出来事なんですよ。

つまり、混じり気の無い身魂って、天孫族同士の結婚(エタの人々同士の結婚)で生まれた子供ってなるんですよ。

重要なのが父親でしょうか?

私の母親は、一般ピープルなんですけどね。

まぁ、天孫降臨、瓊瓊杵尊様 嫁さん(国津神)木花開耶姫様 子供は、天孫族になりますのでね。

そう言った意味では、同じだと思います。 まぁ、私の家系では、今回初めてエタの人が一般ピープルの人と結婚して私が末っ子で生まれたんですけどね。

それまでは、天孫族同士(エタの人々)だったと思います。

日月神示第一巻第一巻 上つ巻 (昭和19年6月10日 - 7月9日) (全42帖)-第三十八巻 紫金之巻(昭和36年)(書記日は不明) (全14帖)

と出てるですけど、私まだ生まれてませんから → 種だった人ですよ。→ 『種は落ちぶれた方で守られておるぞ』
の種が私でした。→ ここは、素直に認めます。

それでは

天孫族の天皇は、第25代迄です。

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

天孫族の天皇と出雲族の天皇が何処で入れ替わったのか?

はっきりと理解出来ました。

允恭天皇39年(450年?) - 継体天皇25年2月7日(531年3月10日?))は、日本の第26代天皇。在位は継体天皇元年2月4日(507年3月3日?) - 同25年2月7日(531年3月10日?)。
日本の第26代天皇

継体天皇 → 欽明天皇(長男) ⇔ 長男世襲制 ⇔ 今のリアル天皇家の御先祖様 ⇔ 長男世襲制

概略

『記紀』によれば、15代応神天皇の5世孫であり越前国を治めていた。ところが25代武烈天皇は後嗣を残さずして崩御。そのため中央の有力豪族の推戴を受けて即位したとされる。
戦後、天皇研究に関するタブーが解かれると、5世王というその特異な出自と即位に至るまでの異例の経緯に注目が集まり、元来はヤマト王権とは無関係な地方豪族が実力で大王位を簒奪し、現皇室にまで連なる新王朝を創始したとする王朝交替説がさかんに唱えられるようになった。しかしながら傍系王族の出身という『記紀』の記述を支持する声も多く[2]、それまでの大王家との血縁関係については現在も議論が続いている(後述)。

じゃー、少し遡って行きましょうか?

第21代天皇
 雄略天皇 ゆうりゃくてんのう
(418年~479年)

雄略天皇は允恭天皇の第五皇子。
第20代安康天皇の弟です。

雄略天皇は古代の天皇の中でも気性が荒く乱暴。 些細な罪で進化を処刑することも多く、『日本書紀』では「朝に見ゆるものは夕べに殺され、夕べに見ゆるものは朝に殺され」と、その恐怖政治ぶりが描かれています。また、「天下そしりて大悪天皇ともうす」とも書かれています。456年。 安康天皇が暗殺されると、雄略天皇はこれに乗じて行動開始。八釣白彦皇子(やつりのしろひこのみこ)、境黒彦皇子(さかいのくろひこのみこ)、眉輪王(まよわのおおきみ)を3人まとめて焼き殺し、皇位継承のライバルである従弟を射殺しました。 競争相手を全て倒した雄略天皇は、無事、第21代天皇になりました。このような暴君に対し、地方豪族が反乱しました。しかし、これも全て鎮圧されてしまいました。雄略天皇の時期は、ヤマト政権の勢力が強くなった時期でもありました。雄略天皇は大臣・大連制や財政機構を整え、関東までヤマト政権の勢力が及びました。

以上です。

何か無茶苦茶悪く書かれてますねぇ・・・、天孫族もこの頃は、少し歪んでたんでしょうか?弟が存在したが長男世襲制では、無い。
色々と改竄された可能性が高いですね。

第22代天皇
 清寧天皇 せいねいてんのう
(~484年)

雄略天皇の第三子。
生まれながらに白髪だったため、「白髪武広国押稚日本根子尊(しらかのたけひろくにおしわかわかやまとねこのみこと)」と名づけられました。清寧天皇には皇后も実子もおらず、謎に包まれています。 子どものいなかった清寧天皇は、父の雄略天皇に殺害された市辺押磐皇子(いちのへのおしはのみこ)の遺児を探し出して、後継者としました。

以上です。

謎に包まれて封印された天皇のイメージが強いですねぇ・・・

第23代天皇
 顕宗天皇 けんぞうてんのう
(450年~487年)

第21代雄略天皇によって父を殺された顕宗天皇。その後、兄の仁賢とともに播磨へ逃れ、牛飼い・馬飼いのもとで暮らしていました。しばらくして清寧天皇により都に戻ると、兄が皇位を譲ってくれたため、天皇に即位しました。 皇位についた顕宗天皇は、逃亡生活中に自分たちを苦しめた者を殺し、父の暗殺を助けた豪族の戸籍を剥奪しました。
また、雄略天皇の墓を破壊しようとしました。しかし、これは兄の仁賢にいさめられて、思いとどまりました。

顕宗天皇は儒教的な仁に基づいた政治を行い、この時期は、豊作が続いたようです。

以上です。

ここで、『牛飼い・馬飼い』 → ユーラシア大陸・北方騎馬民族の末裔、天孫族の家臣の皆さん、エタの人々が少しだけ垣間見れた瞬間です。

第24代天皇
 仁賢天皇 にんけんてんのう
(449年~498年)

弟の顕宗に天皇の座を譲った仁賢。しかし、顕宗天皇は即位してわずか3年で亡くなってしまいました。そのため、仁賢が天皇に即位しました。仁賢天皇は、仇であるはずの雄略天皇の娘を妻として迎え入れました。これは、正系の雄略の娘をめとることで、自分も正系の天皇になったことをアピールするためだったと考えられます。仁賢天皇は佐伯造(さえきのみやつこ)を設置し、高句麗と貿易も行いました。

以上です。

世襲制で天皇の位を弟に譲ったとありますよね。ここまでは、恐らく天孫族の天皇だったと思います。

第25代天皇
 武烈天皇 ぶれつてんのう
(489年~506年)

武烈天皇は仁賢天皇の皇子とされているが、実在を疑問視する声もある天皇です。

『日本書紀』によると、「しきりに諸悪をなして一も善を修めなかった」ようで、残虐な天皇だとされています。 妊婦の腹を裂いて胎児を見たという話や、人の爪をはいで芋を掘らせたなどの悪事が載っています。しかし、『古事記』には「皇后も御子もなく没した」と書かれているのみで、悪行については全く記載されていません。実は武烈天皇のあと今までの天皇の系統が途絶え、遠い親戚にあたる継体天皇が天皇となっています。なので『日本書紀』に書かれた悪行は、継体天皇を正当化するために捏造されたものだとも考えられます。

以上です。

第26代継体天皇の前の代の天皇ですのにまぁ、ボロカスに書かれて後世に残ってます。これを後々の天皇が天孫族だった場合、後世に書物として残すと思うかどうかですよね。恐らく残さないと思います。都合が悪いのでね。でも後世に残ってます。従って、第25代天皇までは、恐らく天孫族の天皇家だったと思います。

日本書紀は、出雲系じゃないですかね?(憶測です)

また、第26代天皇からは、出雲族の方が天皇の位に就いたと見るべきです。
そして継体天皇の子孫がリアル社会、今の天皇家まで続いていると言う事です。これは、他の方達の歴史研究でも最有力候補になってるそうです。

従って、第25代迄の天孫族の天皇家及びその家臣の皆さんが、落ちぶれた人。つまりエタになってると判断してます。そうなると、今の天皇家は、神武天皇(大和朝廷初代)、更に遡ると天孫降臨、瓊瓊杵尊様の末裔では、無い。私の妄想モード・想念のエリアと同じ結論になります。

実際に天孫降臨、瓊瓊杵尊様の子孫が今の天皇家では、無いと伝えて来ます。だから、過去記事の事について『伝えよ』(世に広めよ)と私に伝えて来たんですよ。

これが、私と上位次元の皆さんとの間で押し問答のあった時ですよ。

それでは

そこまで言って委員会の竹田さんへ

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

たまには、リアル社会の事!

韓国が照射問題でガチャガチャ伝えて来たりしてますし、今迄も韓国や中国がガチャガチャコナ懸けて来てますよね。

これも、日本にダビテの王様の末裔、失われた12支族が存在してると言う事を、韓国や中国が明確に理解すれば、ピタッと収まりますよ。

韓国の宗教

韓国の人口の内、22.8%が仏教徒で18.3%がプロテスタント教徒、そして11.0%がカトリック教徒で残りの人々は様々な少数派の宗教、例えば甑山道、大巡真理会、東学、道教、儒教、そして円仏教を信奉している。 更に少数の韓国人はイスラム教を信奉している。

との事です。

そこまで言って委員会の竹田さんの大嫌いな韓国政府も黙りますよ。

アミジャブのDNA鑑定を受けてみては、如何でしょうか?

遺伝子レベルで解明されるみたいですよ。

もし、ダビテ王家、イスラエル失われた12支族の末裔の一人が竹田さんでしたら、竹田さんの鶴の一声で全て収まると思いますよ。

これ、日本国が一番安全かつ絶対戦争にならない方法の一つだと思いますよ。

そこまで言って委員会で韓国に対して過激なトークされてますよね。

日本国が平和になる為にも実際にDNA鑑定でダビテの王家の末裔を証明してみては如何でしょうか?

これ、提案です。

なぜなら、男の人には、染色体?なんかわからんけど、代々受け継がれるDNAの遺伝子があるでしょう。

それでは

追加>
アミジャーブのDNA鑑定を受けたら受け方教えて下さい。
私もDNA鑑定を受けたいと思ってますのでね。
理由:自分探しの為です。

それでは
プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
37位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング