FC2ブログ

部落解放同盟の皆さん、ご検討願います。

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

本物の神宝

三種の神器及び十種神宝

これって、世の中に出て来てるのって全て本物ですか?

全部、偽物ちゃいますか? もしくは、一部偽物ちゃいますかぁ・・・?

天孫族が継体天皇に追われても死に物狂いで守ったお宝が神宝ちゃいますか?

そして、全て剣山に本物が眠ってるんじゃーないでしょうね。

何かわからんけど、剣山を調査してみんことにはどうにもならんですね。

邪馬台国は、四国に存在したし大和朝廷の前身の狗奴国も高知県ですよね。

それで、もし天孫族の重要な人物が逃げるとしたら四国でしょうね。

だって、四国から京都に行って大和朝廷を開いたんですからね。
訂正:奈良やった。すいません。

安徳天皇の時代は、すでに天孫族の天皇じゃーないですからね。

海に沈んだのもレプリカの方じゃーないでしょうね。

剣山を発掘調査禁止にしてる理由も見当が付く。

実際に実物が出て来て、それがユダヤ、イスラエル失われた12支族の物と繋がるような事が判断されたら困る人が出て来ますよね。

全世界から当然、天皇家は注目を浴びますよね。

今なら、DNA鑑定も出来ますしぃー・・・

それで、違うとなったら・・・

あれぇ・・・?

ここにユダヤ、失われた12支族の物もしくは、ダビテ王に繋がる物が存在するのになんで違うんだろーってなりませんか?

他の人だと思いませんか?

当然、調査しますよね。

世襲制なども調査して、第26代、継体天皇で世襲制がガラリ一変してる事に気付くのも時間の問題でしょうね。

じゃーこの第25代目までの人々の末裔は何処行ったってなりませんか?

でも、言えませんよね。

エタの人々で1500年もの間、人と見られず虐げられた生活を強制された上、差別をされ続けて来た人々とは、口が裂けても言えませんよね。

だから、剣山は発掘調査禁止中にしてますし、イシヤは伊勢神宮に勝手に灯篭を作りました。

印象操作ですよね。でも、この局面を複雑化して焦点をボカしたようなうやむや感が丁度良いんじゃーないでしょうか?

突き詰めると、今の天皇家が天孫族では無い事が世の中に出て来ますからね。

それは、非常に拙いパターンだと思いますよ。

但し、今のリアル天皇家の皆さんは、『寝耳に水』状態だと思いますよ。

竹田さんもね。最近、テレビで覇気がなくなってましたし、その少し前に将棋と言う言葉が出て来てましたし、ここで絶対、私のブログは閲覧してると思った。

だから、『この仕組みわかったなら上の臣民、逆立ちしてお詫びにくるなれど・・・』って文言が日月神示にあるんじゃーないですかね。

この仕組みとは、私の伝える『一厘の仕組み』の事ですよ。

須田さんも閲覧されてるでしょうね。『イシヤの仕組み』に興味津々でしたからね。

そこまで言って委員会の皆さん、閲覧されてるんじゃーないですかね。

そんな気がしてます。

私もチャチャっとDNA鑑定をアミジャブにしてもらいたいです。

違うなら違うで構いません。エタの人々300万人の中に存在するのは100%間違いないと思ってます。

聖書・・・

『見よその名をエダと言う人がある。』 ⇔ 被差別部落の人々の総称の呼び方が『エタ』ですからね。
名前とは、違う別の呼び方が『エタ』ですからね。

どう考えてもイスラエル失われた12支族の末裔、ダビテ王の末裔がエタの人々の中に存在しますよ。

全国の被差別部落の人々を集めて、一斉にアミジャーブでDNA鑑定をすれば、話しが早いかも知れませんね。

部落解放同盟の皆さん、ご検討願います。

それでは
スポンサーサイト



自分探し:私の流れ・・・

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

今迄のダビテ王の説明で少し勘違いした部分があった。

イスラエル失われた12支族のユダ族。

ダビデ王を起点とした王族もユダ族に属するらしいです。

逆になっとった。世界史は難しい・・・

まぁ、その辺りはどうでも良いでしょう。

古代イスラエルの歴史[編集]

『聖書』によると、族長アブラハム(紀元前17世紀?)がメソポタミアのウルの地からカナンの地を目指して出発したことによりイスラエルの歴史がはじまる。孫のヤコブ(ヤアコブ)の時代にエジプトに移住するが、子孫はやがてエジプト人の奴隷となる。奴隷の時代が400年程続いた後にモーセ(モーゼ)が民族をエジプトから連れ出し(紀元前13世紀?)、シナイ半島を40年間放浪し定住を始めた。200年程かけて一帯を征服して行く。

ダビデ王(紀元前1004年?‐紀元前965年?)の時代に統一イスラエル王国として12部族がひとつにされる。次のソロモン王(紀元前965年?‐紀元前930年?)は、安定した政治基盤を背景に強権的となり、『列王記』や『歴代誌』によると彼の代で厳しい苦役や重いくびきが強いられたとされる。ソロモンの死後、息子のレハブアムが王位についたとき、民はそれらの軽減を訴えたところレハブアムは断り、さらに厳しくすると答えたため北部の部族は離反し、エジプトに追放されていたソロモンの家来ヤロブアムを呼び戻して王とし、元の王国名を引き継いだ北王国(イスラエル)を立て、シェケムを再興して都とした。都は後にシェケムからティルツァ、サマリアと移り変わった[2]。

これによってイスラエルは北王国と、王を輩出してきたユダ族ならびにダビデの王権樹立に協力したベニヤミン族の南王国(ユダ王国)に分裂した。ユダ王国の都は旧王国の都だったエルサレムにあった。北王国では南中部のベテルと最北部のダンに、金の子牛の像をおいて王国の祭祀の拠り所としていたとされる。これは子牛を崇拝したのではなくエロヒムの台座として置かれたものであるとされる[3]。

当時のイスラエル民族は、現在のユダヤ人のような一神教的宗教を奉じていなかった。ソロモン王も特に晩年になるほど、『列王記上』11:4-8 にあるアスタルテ、ミルコム、ケモシュ、モロクなどへの信仰を顕わにしたとされている(ただし、列王記にはダビデは熱心な一神教崇拝だったとある)。学問的にはサマリアのエロヒム信仰のみならず、エルサレムのヤハウェ信仰も多神教の一種(拝一神教、単一神教)だったと考えられている。

以上です。

ちなみにダビテ王は、末っ子です。ここから、末っ子世襲制が生まれたんじゃないかと思います。

その後、ユーラシア大陸・北方騎馬民族(末っ子世襲制)→ 天孫族の神々様(末っ子世襲制)と続いたと判断し直しました。

まとめると

自分探し:私の流れ・・・
1.プレアデス星の魂 → 
2.イスラエル失われた12支族の末裔 → 
3.ユダ族(四男) → 
4.ダビテ王の子孫(末っ子、ここから、末っ子世襲制が生まれたと判断した。)→ 
5.ユーラシア大陸・北方騎馬民族の魂(末っ子世襲制)→ 
6.天孫族の神々様 → 天照大御神様(81代前、男 北方騎馬民族の流れ。馬飼。)→ 
7.古墳時代 73代前 女 官人。朝鮮半島より移住してきた騎馬民族。馬医者 馬の殖産(天照大御神様の生まれ変わりの人、卑弥呼様) → 
8.御先祖様(天孫族、末っ子世襲制)が第26代、継体天皇によってエタに落とされ落ちぶれた人になる。→
9.被差別部落出身者の末っ子世襲制の家庭に生まれる。

番外編その1
10.日本国の天変地異を司る司令塔のような天孫族の神様の魂を持った人として生まれて来た。(憶測:天照大御神様)
11.日月神示の一厘の仕組みを日本で唯一明確に紐解いた人となった。

こんな感じでしょうか?

番外編その2

1.私の霊的世界の魂が霊的世界に於いて、陰陽のバランスを取る活動をしている魂 → 天照大御神様の魂。
2.天孫降臨、瓊瓊杵尊様と霊的世界に於いて縁がある魂。
3.瓊瓊杵尊様の一の側近、天児屋命様と一番縁が深い。天児屋命様もプレアデス星の魂です。
4.弥勒如来様が9次元界より補佐しているそうです。
5.天照大御神様もプレアデス星の魂です。

まぁ、御嶽山の噴火以来、自分探しをしてきましたが、びっくりドンキーでハンバーグを頼むような流れになってしまいました。

ちなみに十種神宝(とくさのかんだから)は、剣山に眠ってますよ。

1.ダビテの王家の末裔、天孫族の末裔、天照大御神様の正統な跡継ぎの私が十種神宝を持つ事が『一厘の仕組み』かもね?
2.八倉比売神社に鎮座している、天照大御神様の本霊に剣山の中に眠っている十種神宝を奉納する事かもね?→外国人は、この程度では、腰を抜かさんか?(笑)

第09帖・・・245帖 
富士と鳴門の仕組が分かりかけたら、どんな外国人でも改心するぞ。

ユダヤの象徴(失われた12支族の家紋みたいな奴と十種神宝が同じような気がしてます。例えば、模様とかね。物とか特徴とかね。外国の人々が見たら一発で理解出来る物が剣山に眠っているんじゃないでしょうか?


第16帖・・・946帖
太陽は十の星を従したがえるぞ、原子も同様であるぞ。物質が変わるのであるぞ。人民の学問や智では分からん事であるから早く改心第一ぞ。二二と申すのは天照大神殿の十種とくさの神宝に「・」を入れる事であるぞ。これが一厘の仕組み、二二となるであろう。これが富士の仕組み七から八から鳴り鳴りて十となる仕組みなりなりあまるナルトの仕組み富士不二と鳴門成答の仕組み愈々ぞ。これが分かったならばどんな臣民でも腰を抜かすぞ。一方的に一神でものを生むこと出来るのであるが、それでは終わりは全まっとう出来ん九分九厘でリンドマリぞ。神道も仏教もキリスト教もそうであろうがな。卍ぶつも十キリストもすっかり助けると申してあろうがな。助かるには助かるだけの用意が必要ぞ。用意はよいか。このこと大切ごと大切事気付けておくぞ。なりなりなって十とひらき、二十二となるぞ。富士普字晴れるぞ、大真理世に出るぞ。新しき太陽が生まれるのであるぞ。

以上です。

二二となるであろう。→ これ、数字の『22』の事ですか?

確か、『ここ』って読むんですよね。

日月神示では、確か日本国中が富士なんでしょう。

だから、ここって剣山の事でしょう。剣山の中に十種神宝が眠っているのが富士の仕組みでしょう。

ここと『なると』 ⇔ こことなると
やっぱり八倉比売神社の事でしょう。これが、鳴門の仕組みちゃうかなぁ・・・?(まだ解明できてない)

それでは

昭和天皇の時代に調査した人

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

伊勢神宮の灯篭・・・

再度、伊勢神宮の灯篭について過去記事を振り返ってました。

知恵袋の質問より一部抜粋します。

実は、この灯篭、伊勢神宮とは別の団体が昭和30年に寄進として建て始めたもので、伊勢神宮の管理物ではありません。 しかもその団体は、建立寄進後、解散してます。伊勢市議会において平成19年(2007年)、撤去決定。 既に撤去されて、ドコにもありません。

この灯ろうは、昭和30年(1955年)に設立された「伊勢三宮奉賛献灯会」という任意団体が、当時、伊勢神宮に奉献することを目的として、御幸道路と市道に三重県知事と伊勢市長の道路占用許可を得て建てたものであり、その後には、国道23号の拡幅工事等に伴って、一部が宇治浦田街路広場に移設されている。

・昭和39年(1964年)に「伊勢三宮奉賛献灯会」が解散した後は、灯ろうの所有者が明確でない状態となり、また、灯ろう自体の経年による劣化や耐震強度の点から安全性に問題があることから、東海地震等の発生が危惧されている今日においては、灯ろう問題の解決を図ることは、喫緊の課題となっている。

以上です。

まぁ、振り返って新たな発見です。学問オタクも役に立つ時もある。

伊勢三宮奉賛献灯会 → フリーメイソン イシヤですよ。

でも、流石のイシヤもメリットないのに勝手に伊勢神宮に灯篭を作る事もないだろーと思う。(許可をとってるが)

じゃー・・・昭和30年と言えば昭和天皇の時代ですよね。

日月神示の時系列

最初:本巻[編集]
参5 第一巻 上つ巻 (昭和19年6月10日 - 7月9日) (全42帖)

最後:第三十八巻 紫金之巻(昭和36年)(書記日は不明) (全14帖)

以上です。

当然、日月神示と年代もピタッと嵌ります。

日月神示を調査する人々は、オカルト肯定派だけでも無いと思います。他にも色んな人々が調査して解読しようと試みてる筈です。
その中には、フリーメイソン(イシヤ)も存在すると思う。敵も知る事になる。

少し話しが横道に逸れましたが、昭和天皇の時代にどうやって、フリーメイソン(イシヤ)と繋がったのか?
調査不足で不明でした。必ずどなたかが何らかの方法でユダヤの事、イスラエル失われた12支族の事などを調査されてる筈だと判断しましたのでね。

ピタッと出て来ましたよ。

三笠宮崇仁親王

三笠宮崇仁親王(みかさのみや たかひとしんのう、1915年(大正4年)12月2日 - 2016年(平成28年)10月27日)は、日本の皇族。歴史学者(古代オリエント史)。陸軍軍人。大正天皇第四皇子。昭和天皇の末弟。今上天皇の皇叔父。御称号は澄宮(すみのみや)。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は大勲位。お印は若杉(わかすぎ)。

また、3人の兄たちとは年齢も離れており、四男として皇位継承の可能性も低かったことから、かなり自由な立場で行動した。

以上です。

この方が何を取り組んでおられたのか?

東京大学文学部の研究生となり、歴史学を学んだ(専攻はオリエント史)。1955年(昭和30年)には東京女子大学で講師として教育に当たり、一般人に混じり学生食堂でうどんをすすった他、青山学院大学、専修大学、天理大学、拓殖大学でも教壇に立ち、日本オリエント学会の会長も務めた

以上です。

オリエント史とは
古代オリエント(こだいオリエント、Ancient Orient)とは、現在の中東地域に興った古代文明である。これには、古代エジプト、古代メソポタミア(現在のイラクやシリア)、古代ペルシア(現在のイランやアフガニスタン)などが含まれ、時期としてはシュメールが勃興した紀元前4千年紀から、アレクサンドロス3世(大王)が東方遠征を行った紀元前4世紀頃までが相当する。

以上です。

また他の方の詳しい解説を一部抜粋します。(すいません)

西洋諸国が日本を打ち破った後、三笠宮親王さまは自らを西洋化する「恩」(the obligation) をお受けになりました。親王さまは次のように言われました。
「6年間の研究の中で、ひとつの究極の事実を発見しました。その事実とは、ユダヤ人が西洋文明への鍵であったということです。
それ以来、三笠宮親王さまは献身的な情熱の源泉とユダヤ教の両方に、ことのほか興味を持つようになられました。

 三笠宮さまは残りの人生をヘブライ語の勉強にかける決断をなさいました。そして聖書の中のイスラエルの預言者たちへの特別な関心を持ち続けられました。三笠宮さまは近東文明に関する学術的な研究に没頭されました。この近東文明の講座において、三笠宮さまは東京のユダヤ人共同体の行事への常連の来訪者となられ、伝えられているところによると、完璧なヘブライ語を話すために学んでおられました。

以上です。

やっと出て来た。ヘブライ語

日ユ同祖論のヘブライ語ですよ。

自由な立場だったんでしょう。この方が調査してたのがヘブライ語です。

ここで三種の神器登場です。

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ)は、三種の神器の一つ。草薙の剣(くさなぎのつるぎ)ともいう。熱田神宮の神体である。三種の神器の中では天皇の持つ武力の象徴であるとされる。

源平の壇ノ浦の戦いで二位の尼が安徳天皇を抱き腰に神器の剣を差し勾玉の箱を奉じて入水し一緒に水没した。草薙剣はそのため現存しない。が、この剣は草薙剣の形代であり、後に改めて形代の剣が伊勢神宮の神庫から選び出された。これが現在の皇居の剣である。

八咫鏡(やたのかがみ)は三種の神器の一つ。金属鏡であったか、石鏡であったか定かではなく、発生年代不詳。『古事記』では、八尺鏡(やたかがみ)と記されている。
御桶代と呼ばれる密閉された箱状の容器に入って祀られており、神宮式年遷宮の際には、夜間、人目に触れぬよう白布で覆った神体を移御するための行列が組まれる。

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は八咫鏡・天叢雲剣と共に三種の神器(みくさのかむだから・さんしゅのじんぎ)の1つ。八坂瓊曲玉とも書く。
三種の神器の中で唯一、皇居に実物がある。

以上です。

この中の八咫鏡の裏に書かれている文字がヘブライ語で「我は在りて有る者」と記載されてるみたいです。

これで、『日ユ同祖論』は繋がった。でもこの方達は天孫族では無い。それも事前調査で知ってた可能性が高い。

なぜなら、世襲制も必ず調査すると思うのでね。継体天皇の出所が完全に怪しいのでね。

しかも長男世襲制にいきなり変化して尚且つ、政治の方針が第25代までとは180度違う。

しかも、先代(第25代)を罵っている古事記?日本書紀まで存在する。

どう考えても同じ天孫族と判断出来ません。これも誰でもわかる事です。

だから、日本人で他に天孫族の末裔が存在すると判断すると思う。

しかもエタの人とまでひょっとしたらわかっていた可能性もある。

(一厘の仕組みの切り分けが難しい)

『ダビテの王家の末裔がエタの人』 → 日月神示の『一厘の仕組み』

これは、わからんかも知れんですけどね。

少し長くなりましたが、繋がったと思う。少なくとも昭和天皇の時代に調査した人が存在したと言う事です。

それでは

関東が揺れると思うので気をつけて下さい。

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

夜中に岐阜で震度4の地震が発生したんですけど、私の地震予知とは違うと思う。この程度では無いのでね。

今迄なら恐らくこれでクソの役にも立たんかったと結論付けしてたと思う。

でも今は、基本的に震度4クラスならどうでも良いと思ってます。スルーする場合も多々ある。

発震場所は変化無です。関東です。先程過去記事を振り返ったら茨城県が抜けてました。

当然、茨城県も馬券圏内ですよ。

関東が揺れると思うので気をつけて下さい。

それでは
プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング