FC2ブログ

日月神示シリーズ:最終章

当ブログを閲覧して頂きありがとう。

お捻り感謝です。

被差別部落出身者、エタの人々が実は天孫族の神々様の正真正銘の末裔だと明確に証明している所です。

目的は、名誉回復です。

日月神示シリーズ:最終章

日月神示の一厘の仕組み

イスラエル失われた12支族 → ダビテ王の末裔 → ユーラシア大陸・北方騎馬民族 → 天孫族の神々様 → 天孫族の神々様の末裔 → 馬飼い・牛飼い → 継体天皇によって落ちぶれた人にならされる。→ 被差別部落誕生(通称:エタの人)→ リアルエタの皆さん(末っ子世襲制だよ。)→ 神力が駆使出来る人 → Wonderが最有力候補だよ。

以上です。

さてさて、一厘の仕組みがわかりかけたらどうなるかという事です。

過去に時間の無い朝に少しだけ説明しました。わかる部分だけ再度説明します。

日月神示は、昭和の時代の書物です。

1.一厘のことは云はねばならず云ふてはならず、心と心で知らしたいなれど、心でとりて下されよ、よく神示読んでさとりて呉れよ、神たのむのざぞ。

昭和の時代では、まだ伝える事は出来ないと思いますよ。理由は、弾圧される可能性が高いからです。闇に葬られる。上の臣民の皆さんにとってかなり都合が悪い神示ですからね。

2.神の一厘のしぐみわかりたら世界一列一平になるぞ。

あらゆる差別の事です。部落差別、人種差別など。
日月神示では、日本は世界の雛形とも説明されてた。その日本では、女の腐ったような奴が存在して、今でも深層心理で差別を続けている一般ピープルが数多く存在します。

この人達がいなくなる。→ 天にツマミ上げられるか改心するかの二択です。

世界も同じですよ。白人が黒人を差別する。

それが、無くなると言う事です。→ 死ぬか、改心するかの二択です。

他にも色々と精神性を高める社会システムを構築する必要があります。現在は、物欲に走りすぎてるのでね。

『この道は真中行く道とくどく申してあること忘れるなよ。』

これが、陰陽のバランスを取る事、中庸する事です。

まぁ、こんな感じですよ。

救世主、てんしさま、世界の王様について再度伝えます。

聖書

【万軍の主は、こう仰せられる、見よその名をエダと言う人がある、彼は自分の場所で成長して、主の宮を建てる。

すなわち 彼は主の宮を建て、王としての光栄を帯び、その位に座して治める。その位のかたわらに、一人の祭司がいて、この二人の間に平和の一致がある

また遠い者どもが来て、主の宮を建てる事を助ける】

以上です。

『万軍の主は、こう仰せられる、見よその名をエダと言う人がある、彼は自分の場所で成長して、主の宮を建てる。』→【万軍の主は、こう仰せられる、見よその名をエタと言う人がある、彼は自分の場所で成長して、主の宮を建てる。』

エダの部分をエタにしただけです。

外国の皆さんには、こちらの方がわかり易いでしょうね。

長くなりましたが、日月神示シリーズは終了です。

今年の7月頃から9月頃に掛けて引っくり返す準備が出来るような気もしてます。

今は、仕組み途中ですよね。秋の大嘗祭迄は、仕組み途中だと思う。

さてさて、どうなるか?

私にもわかりません。

まぁ、普通は無いと思いますよ。

それでも、天孫族の神々様の正真正銘の末裔が被差別部落出身者だと認めて貰えればそれで良いんですけどね。

私が神力駆使するしか道は、ないんでしょうかね?

改心して頂けたら嬉しい次第です。

それでは
スポンサーサイト



日月神示シリーズ:その6

当ブログを閲覧して頂きありがとう。

お捻り感謝ですよ。

日月神示シリーズ:その6

上の臣民の皆さん及びイシヤの仕組みを暴露するよ。

日月神示の歴史年表です。

本巻[編集]
参5 第一巻 上つ巻 (昭和19年6月10日 - 7月9日) (全42帖)
a b 第二巻 下つ巻 (昭和19年7月12日 - 8月3日) (全38帖)
第三巻 富士の巻 (昭和19年8月10日 - 8月30日) (全27帖)
参13 第四巻 天つ巻 (昭和19年8月31日 - 9月14日) (全30帖)
参12 第五巻 地(九二)つ巻 (昭和19年9月15日 - 10月11日) (全36帖)
第六巻 日月の巻 (昭和19年旧暦9月1日(新暦10月17日) - 11月30日) (全40帖)
第七巻 日の出の巻 (昭和19年12月1日 - 12月29日) (全23帖)
第八巻 磐戸(一八十)の巻 (昭和19年12月30日 - 昭和19年旧 11月30日(新 昭和20年1月13日)(全21帖)
第九巻 キの巻 (昭和20年1月29日 - 3月20日) (全17帖)
参19 第十巻 水の巻 (昭和20年旧 3月10日(新 4月21日) - 6月23日) (全17帖)
参7 第十一巻 松の巻 (昭和20年6月17日 - 7月19日) (全29帖)
第十二巻 夜明けの巻 (昭和20年7月21日 - 8月10日) (全13帖)
参8 第十三巻 アメの巻 (昭和20年10月13日 - 12月19日) (全17帖)
第十四巻 カゼの巻 昭和20年12月25日 - 昭和21年2月16日) (全17帖)
第十五巻 一八(いは)の巻 (昭和21年旧 1月15日(新 2月16日) (全11帖)
第十六巻 アレの巻 (昭和21年1月19日) (全1帖)
第十七巻 二日んの巻(ジシンの巻) (昭和20年9月10日 - 10月30日) (全19帖)
第十八巻 一火リの巻(ヒカリの巻)(昭和21年2月24日 - 7月27日) (全8帖)
第十九巻 〇つりの巻(マツリの巻) (昭和21年8月8日 - 昭和21年8月31日) (全23帖)
参16 第二十巻 んめの巻(梅の巻) (昭和21年9月28日 - 12月14日) (全28帖)
参18 第二十一巻 三ラの巻(そらの巻) (昭和22年1月1日 - 4月5日)  (全14帖)
第二十二巻 ア火ハの巻(アホバの巻) (昭和22年4月26日 - 8月12日) (全23帖)
参9 第二十三巻 |三の巻(ウミの巻) (昭和22年8月13日 - 8月23日) (全19帖)
a b  第二十四巻 黄金の巻(コガネの巻)(昭和24年11月17日 - 昭和25年1月18日) (全100帖)
第二十五巻 白銀の巻(シロガネの巻) (昭和24年12月14日 - 昭和25年5月8日) (全7帖)
第二十六巻 黒鉄の巻(クロガネの巻) (昭和25年1月22日 - 10月18日)(全39帖)
第二十七巻 春の巻 (昭和27年旧 1月1日(新 1月27日) - 2月15日) (全60帖)
第二十八巻 夏の巻 (昭和27年3月3日 - 3月8日) (全25帖)
第二十九巻 秋の巻 (昭和27年4月11日)(全28帖)
第三十巻 冬の巻 (昭和27年5月5日 - 6月9日) (1帖及び補帖1帖)

以下、第三十一巻から第三十八巻までの8巻は五十黙示録(いせもくじろく)と呼ばれている。

五十黙示録(いせもくじろく)[編集]
第三十一巻 扶桑之巻(昭和36年5月5日) (全15帖)
第三十二巻 碧玉之巻(昭和36年5月6日) (全19帖)
第三十三巻 星座之巻(昭和36年5月10日) (全24帖。第25帖まであるが第24帖が欠帖の為、帖数は全24帖となる)
参20 第三十四巻 龍音之巻(昭和36年8月3日) (全19帖)
参11 第三十五巻 極め之巻(昭和36年8月5日) (全20帖)
第三十六巻 至恩之巻(昭和36年9月1日) (全16帖)
第三十七巻 五葉之巻(昭和36年9月1日) (全16帖)
第三十八巻 紫金之巻(昭和36年)(書記日は不明) (全14帖)

補巻[編集]
月光の巻(昭和33年12月25日 - 昭和34年3月2日) (全62帖)

以上です。

昭和19年6月から始まって、昭和33年12月25日に完結してます。

伊勢神宮の灯篭は、伊勢神宮とは別の団体が昭和30年に寄進として建て始めたものと知恵袋の質問者様が調査して伝えてます。

日月神示を読んだ団体が勝手にツジツマ合わせの為に作った灯篭だと判断してます。なぜなら、継体天皇からリアル天皇家迄の天皇家は、天孫族の天皇家ではありません。長男世襲制です。そして、昭和の時代にユダヤについて調査した皇族の方が存在します。

三笠宮崇仁親王です。

繋がって来ましたねぇ・・・

昭和の時代の上の臣民の皆さんは、日月神示及びユダヤの事を調査して気付いたんですよ。私達は天孫族の神々様の末裔では無い事にね。
だから、ツジツマ合わせを行った。どうしてもダビテ王の末裔でなければならないのでね。

理由は、天皇五世の孫である倭彦王様の末裔が存在する可能性があるからです。

天孫族の第26代:天皇になる筈だった倭彦王様ですよ。一番最初に声を掛けに行った人物ですよ。
でも山に逃げたんだよ。そして、家臣に匿われたままその生涯を閉じた可能性がある人です。家臣とは、馬飼い、牛飼いの人々ですよ。

日月神示では、このように伝えられてます。

磐戸の巻

『上の臣民しんみんこのままで何とかかんとかいけるように思っているが、その心我よしだぞ。』

『いざと云ふ時は日頃の真心もの云ふぞ。付け焼刃は付け焼刃。神拝むとは、頭ばかり下げることでないぞ。内の生活することぞ。内外共でなくてはならん。残る一厘は悪の中に隠してあるぞ。』

地つ巻 

誠の善は悪に似ているぞ、誠の悪は善に似ているぞ(偽善)よく見分けねばならんぞ。悪の大将は光り輝いているのだぞ。悪人はおとなしく見えるものぞ。日本の国は世界の雛形であるぞ。

以上です。

まず、上の臣民と出て来てますので、相対関係にあるのは、落ちぶれた人になります。エタの人々です。
従って、被差別部落出身者の中に天皇五世の孫である倭彦王様の末裔が存在する可能性が高いです。

但し、この部分が一厘の仕組みなので理解されてたかどうかは、不明です。

少しまとめると・・・

1.最初から逃げ切り態勢の新しい団体 → イシヤ(フリーメイソン、イルミナティー:降ろし屋、極悪の悪神)
2.悪の中に隠してあるぞ。
3.悪の大将は、光り輝いているのだぞ

日月神示は、昭和の時代に神様が降ろした神示です。

もう誰を指しているのか?察して下さい。これは、昭和の時代の神示です。

そして、方針は未来永劫隠す方針だったと言う事です。わかった時点で公表すれば良い話しだったんですけどね。

続く

それでは

日月神示シリーズ:その5

当ブログを閲覧して頂きありがとう。

お捻り感謝・感謝です。

私がなるべく特殊能力も駆使して尚且つシンプルに物事を進める時は、お捻りの数が極端に減りますが、それだけ理解出来る人がいないと思ってます。

でも反論も出来ないと思います。反論したい人は、シンプルに反論して下さい。そっくりそのまま、天照大御神様、瓊瓊杵尊様にお伝えします。

そして、聞き分けのない人は、ズタボロにしても良いと助言します。

日月神示シリーズ:その5

前回の記事で少し補足説明をしました。

それで、今回は上の臣民の皆さんのツジツマ合わせを説明します。イシヤの仕組みですよ。

この写真が伊勢神宮に勝手に作った灯篭です。

伊勢神宮の灯篭

面白すぎる写真です。

オカルトトンデモ系の皆さんは、これで天皇家とイスラエル失われた12支族を繋げて力説してます。もう少し現実的になろーよ。

台座のダビテの星 → 現在のイスラエルの国旗にも取り入れられている六芒星のマークは「ダビデの星」とも呼ばれているが、実際には歴史上実在したダビデ王とは関係がなく、後世に考案されたものである。と説明されてます。

また、屋根には菊の紋章ですね。天皇家を示しています。

それでユダヤとの関係を強調して『日ユ同祖論』信者に対してブチ切れた次元の低い学問オタクが強烈なカウンターを炸裂してます。私は、学問オタクの方が正しいと判断してます。なぜなら、科学的かつシンプルに反論しているからです。

それが、こちらです。

(本間、面白すぎるぞぉ・・・)

知恵袋より抜粋(過去記事にもあるよ)

質問
ユダヤのシンボル:ダビデの星が伊勢神宮の灯篭に彫られている.....と日ユ同祖論者は必ず言います。彼等のどの本やサイトにも掲載があるダビデの星は、ユダヤ王の紋章であり、所謂「六芒星」で六角形のユダヤのシンボルマークです。古くからあるこの灯籠が、伊勢神宮とユダヤの結びつきを示すと、彼等は言います。神道、及び、神社と結びつく証拠だと
...............ところが、これが、トンでもない大嘘!
実は、この灯篭、伊勢神宮とは別の団体が昭和30年に寄進として建て始めたもので、伊勢神宮の管理物ではありません。 しかもその団体は、建立寄進後、解散してます。伊勢市議会において平成19年(2007年)、撤去決定。 既に撤去されて、ドコにもありません。

それらの灯籠は、建立後約50年を経て老朽化が目立ち、問題になり始めました。 建てた信奉者団体は既に解散していて、灯籠は所有権がハッキリしてません。勿論、伊勢神宮とは関係ありません。伊勢市議会では、東海地震対策として対震性がないことから、危険と判断して、撤去を決め、2007年から新しい灯篭に交換作業を行い、すでに完了してます。
新しい灯籠は全て市民の公募デザインの灯籠です。

------------------------ 伊勢市会議議事報道 ------------------------

平成19年度 伊勢市第1回経営戦略会議 会議結果の概要

○開催日時

平成19年4月23日(月)午後3時~午後5時

○開催場所

本庁東庁舎4-2会議室

○出席者

市長、副市長、会計管理者、総務部長、財務政策部長、生活部長、環境部長、健康福祉部長、産業部長、観光交通部長、都市整備部長、上下水道部長、二見総合支所長、小俣総合支所長、御薗総合支所長及び市立伊勢総合病院事務部長

この灯ろうは、昭和30年(1955年)に設立された「伊勢三宮奉賛献灯会」という任意団体が、当時、伊勢神宮に奉献することを目的として、御幸道路と市道に三重県知事と伊勢市長の道路占用許可を得て建てたものであり、その後には、国道23号の拡幅工事等に伴って、一部が宇治浦田街路広場に移設されている。

・昭和39年(1964年)に「伊勢三宮奉賛献灯会」が解散した後は、灯ろうの所有者が明確でない状態となり、また、灯ろう自体の経年による劣化や耐震強度の点から安全性に問題があることから、東海地震等の発生が危惧されている今日においては、灯ろう問題の解決を図ることは、喫緊の課題となっている。

・懇話会では、市民アンケートの結果も踏まえて検討した結果、今後も灯ろうのある風景は「伊勢らしい良好な風景」として残していくべきであり、その方法については、安全性の確保の観点等から現在のものを撤去し、更なる良好な景観を形成していくため、新たな灯ろうを設置することが適当であるとの結論となり、.....

------------以上、伊勢市会議議事報道-------------
ハッキリ明記されている。

伊勢神宮とは何の関係もない、昭和の製作物である。

更にに言えば、日本で最高級とされる石材は「庵治石」である。 日本で最も雨風による風化に強く、文字や線刻などが消えにくいからである。 しかし、この最強の石ですら、線刻は約300年しか持たず、削り取られてしまう。室内や洞窟内ならいざ知らず、風雨に晒される屋外で、1000年も2000年も六芒星の刻印が持つはずがないのである。 少し考えれば分かりそうなものだが.....明らかに新しいものである。
日本の出自、国家の成り立ちは、誰しも興味があるところだ。 しかし、日ユ同祖論を唱えるor信奉するものは、無理やりこじつけるという典型事例である。
ユダヤと同祖であると言われたのは日本だけではない各時代において経済繁栄していた国家であり、かっては英ユ同祖論が唱えられた。

どうして、日ユ同祖論者は、このようなミエミエの嘘を付くのだろうか???
嘘をついてでも日ユ同祖論をゴリ押ししたいのだろうか???

補足

更に驚愕の事実が判明。

六芒星(ダビデの星)が、ユダヤのシンボルとして使われるようになったのは、17世紀以降だという事実。イスラエル共和国の国旗に採用する時、ユダヤ人にはあまり馴染みがないマークであったので、使用するかどうかで大論争になった。13~15世紀には、五芒星とともに、魔術であるカバラのシンボルとして使われており、直接ユダヤ人とは、関係がなかった。シュメールからユダヤに伝わったのがカバラであり、中国の陰陽道。 陰陽道では、五芒星・六芒星がおなじみのマークとなると、日ユ同祖論で言う。

①伊勢神宮の灯籠に刻まれた、神宮のマークがユダヤのシンボル

とんでもない嘘。元々、ユダヤのマークでないのだから。ユダヤのシンボル化は、17紀以降。しかも、伊勢神宮には関係のない団体が、昭和30年に勝手に造った。

②元伊勢:元伊勢 籠神社と真名井神社の六芒星

ユダヤとは無関係の、ただの籠目紋です。ひどすぎる、証拠の捏造。


以上です。

それに対する回答がこちらです。

この質問に対する回答です。

その通り

日ユ同祖論の嘘として有名

灯篭は伊勢神宮と、無関係である


~~~~毎日新聞 三重版~~~~~~~


石灯籠:老朽化で新調へ--伊勢 /三重

伊勢市内に建てられている石(いし)灯籠(どうろう)を管理する社団法人「神宮環境振興会」(田中勲会長)は7日、石灯籠を新しく建て替えるため、伊勢市の外宮前公園で地鎮祭を行った。老朽化に伴う建て替えで、耐震化も図ることにしている。 現在、同市内には伊勢神宮内宮と外宮を結ぶ道路沿いに約670基の石灯籠が設置されている。ほとんどが1955年代に建立されており、ひび割れたものや傾いたものがあって危険な状態が続いている。 関係者ら約80人が参加した地鎮祭では、田中会長や伊勢市観光協会の牧戸福司会長らがくわ入れをして、工事の安全を祈願した。田中会長は「伊勢神宮と伊勢市の発展を祈り、立派な灯籠を建立したい」とあいさつした。 今年4月から古い石灯籠の撤去を始め、12年度までに620基を建立する。新しい石灯籠は白御影石(しろみかげいし)で、高さ4・5メートル、幅50センチと高さ3・5メートル、幅40センチの2種類。太陽光発電で蓄電し夜間は発光ダイオード(LED)が光る仕組み。地中部は鉄筋コンクリート製の基礎の下に約3メートルのくいを埋め込み、震度7の地震にも耐えられるという。【渡辺隆文】

〔三重版〕
毎日新聞 2009年2月8日 地方版
---------------------------------------
>更に驚愕の事実が判明。
>六芒星(ダビデの星)が、ユダヤのシンボルとして使われるようになったのは、
>17世紀以降だという事実

酷いね.........

文献を調べてみたが、確かにそうだ。 昔は、ユダヤのシンボルとされていなかった。「籠神社と真名井神社の六芒星」というのも、ユダヤとは全然関係がない。どんでもない話だ

日ユ同祖論者というのは、朝鮮人ソックリだな。火病で、平気で嘘をつく。ゴールポストも平気で動かす。真の日本人は、己の都合に関係なく、客観的な事実に基づいて、合理的思考で
公正な答えを出す。たとえ己に不都合であっても

以上です。

ナイスな回答ありがとう。素晴らしいデキですよ。本間、笑ってしまいます。

私は、質問者及び回答者の方が基本的に正しいと思ってます。但し、一つだけ間違えてる部分があるよ。

それは、何処の世界にトンデモ系の『日ユ同祖論』のツジツマ合わせの為にわざわざ新しい団体を立ち上げて、何十万円もする灯篭を伊勢神宮に勝手に作る馬鹿が存在するのか教えてほしいです。しかも新しい団体は、建立寄進後、解散しているとの事です。逃げ切り態勢ですよね。

学問オタクって、目に見えない部分が全く先読み出来ないんですか?とも思った。

長くなるので続く

それでは

日月神示シリーズ:その4補足説明

当ブログを閲覧して頂きありがとう。

お捻り感謝です。

被差別部落出身者、エタの人々を深層心理で差別を続ける精神性の低い一部の一般ピープルにムカついてまずは、詰将棋をしている最中です。私は、伝家の宝刀:神力を駆使する前に必ず忠告の意味も込めて、なるべくシンプルに理論的?(頭悪いので)に詰将棋をして行く人です。これでも理解出来ない人々に対して、今回は天孫族の神々様に大号令を掛けて全員ツマミ上げます。その前段階の忠告系です。

日月神示シリーズ:その4 補足説明

前回の記事で補足です。

ダビテ王の名前が出て来ましたが、そのご先祖様は、イスラエル失われた12支族の皆さんです。(詳細は閲覧者の皆さん自身で調査して下さい)
これについて、日月神示では、このような説明もあります。

雨の巻

第01帖・・・334帖 
天の日津久の大神のお神示であるぞ。特にお許しもらって書き知らすぞ。十二の巻説いて知らすのであるぞ。 この巻雨の巻と申せよ。
この度は昔から無かった事致すのであるから人民には分からん事であるから素直に致すが一等だぞ。惟神(かんながら)の道とか神道とか日本の道とか今の臣民申しているが それが一等の間違いだぞと申してあろうが惟神とは神人共に融け合った姿だぞ。今の臣民神無くして居るでないか。それで惟神も神道も無いぞ。心大きく、深く、広く持ちて下されよ。愈々となるまでは落としておくから見当取れんから よくこの神示読んでおいて下されよ。

世界中に面目ない事ない様にせよと申してあろうが足元から鳥立ちて(十理)まだ目覚めんのか。神示裏の裏までよく読めと申してあろうがな。この道は只の神信心とは、根本から違うと申してあろうが三千世界の大道だぞ。所の洗濯と身魂の洗濯と一度になる所あるぞ。「イスラ」の十二の流れの源泉(みなもと) 分かる時来たぞ。命がけで御用つとめていると思って
邪魔ばかり致しておろうがな。金や学や智では大峠越せんぞ。神はせよと申すことするなと申すこともあるのぞ。裏の裏とはその事ぞ。 よく心得て下さりて取り違い致すでないぞ。手のひら返えさすぞ。 この度の岩戸開きは、人民使って人民助けるなり人民は神のいれものとなって働くなりそれが御用であるぞ。いつでも神かかれる様にいつも神かかっていられるようでなくてはならんのだぞ。神の仕組愈々(いよいよ)となったぞ。

以上です。

「イスラ」の十二の流れの源泉(みなもと) 分かる時来たぞ。

ここで、イスラエル失われた12支族の事を明確に指し示しています。

被差別部落出身者の御先祖様にあたる人々です。ダビテ王のまだ前の時代ですよ。

それでは
Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主です。
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力、天変地異系が得意です。

一厘の仕組み
ダビテ王の末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、天孫族の神々様の末裔が被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング