FC2ブログ

唯一の選択肢

当ブログを閲覧して頂きありがとうです。

お捻り感謝です。

唯一の選択肢

継体天皇が何人兄弟の何番目に生まれてるのかさえ不明なのが天孫族の神々様の末裔を語る上では、アウトなんですよ。応神天皇(第15代天皇)の5世孫を謳ってますけど、その応神天皇も末っ子世襲制でしたからね。第16代:仁徳天皇は、応神天皇の第4皇子です。

継体天皇の父親が彦主人王と言う人です。第15代:応神天皇の玄孫みたいですけど、継体天皇は、何人兄弟の何番目なのかさえ今の時点では、わからないです。
このうやむや感満載の情報と長男世襲制で今の段階ではアウトです。

無理やりこじつけて尚且つ、伊勢神宮にインチキ灯篭を作った時点でもアウトです。

ダビテの王家の末裔が天孫族の天皇家だとリアル天皇家及びフリーメイソン(イシヤ)が理解したから作ったインチキ灯篭です。

菊の紋章+インチキユダヤの17世紀のダビテの星 =天孫族の天皇家では無いと理解した証明です。これがイシヤの仕組みです。

リアル天皇家の皆さんは、天孫族の神々様の末裔ではありません。

以上です。

また、次元の高い人にしかわかりませんが、神武天皇によってフルボッコ喰らってるのも継体天皇です。


学問オタクの竹田恒泰さんへ

反論あればいつでもどうぞ

そっくりそのまま、天照大御神様、天孫降臨:瓊瓊杵尊様、神武天皇に私の助言も付け加えて取り次ぎますよ。

天孫族の神々様もアホちゃいますからね。貴方が真実を伝えてれば、私が幾ら助言をした所でお咎め無しだと思います。

でも、すでに警告されてる時点で貴方達の主張は、アウトだと判断してます。

素直に改心するか、天孫族の神々様によって神罰受けるかの二択だと判断してます。

それから、シカトもアウトになりますのでね。

その辺りも重々承知の上、素直に改心して頂けたらありがたいなぁ・・・

と思います。

尚、これは、霊能者の調伏とは、違います。

1.日月神示の一厘の仕組みを明確に紐解いた人

2.天照大御神様の生まれ変わりの人

3.被差別部落出身者、エタの人

4.別名:四つと呼ばれてる人

5.ユーラシア大陸・北方騎馬民族の魂の人

6.源氏系で丸に二つ両引き紋の家の人

7.私の霊的世界の魂が霊的世界に於いて陰陽のバランスを取る活動をしている人

8.天孫降臨、瓊瓊杵尊様 一の側近、天児屋命様と私の霊的世界の魂が霊的世界に於いて縁の深い人

9.神様の気持ちが多少理解出来る特殊能力を持ち合わせてる人

10.『いやな事は我が血ち統すじに致さすなり、他た人にん傷つけてはならんなり』 『青葉の巻』 第七帖 [476]
と完全に天孫族の神々様より特別に選ばれた?その予定で神界より降りて来た人

11.「世に出てゐる守護神のする事知れてゐるぞ。元の生神様 御おん一ひと方かた 御力出しなされたら手も足も出んことになるのぢゃ、神力と学力とのいよいよの力くらべぢゃ、元の生神様の御息吹きどんなにお力あるものか、今度は目にもの見せねばならんことになったぞ」 『梅の巻』 第十二帖

の元の生神様、本人(Wonder)の伝える事ですよ。

従って、霊能者の切紙九字護身法も効き目ゼロです。

だから、素直に改心して下さい。天孫族の神々様の気持ちがわかるだけにそうして頂けたらありがたいと思います。

これを将棋で例えると、天孫族の神々様に対する竹田さん達の先受けの手筋です。

これが、唯一の選択肢だと思います。

だって、神罰受けて貰いたくないですからね。

だから、何度でも伝えますよ。

それでは
スポンサーサイト



天孫族の天皇家は末っ子世襲制です。

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

天孫族の天皇家は末っ子世襲制です。

継体天皇が天孫族では無い事が私の中ですでにわかってましたが、天孫族の神々様に確認済です。

それにしても、17代天皇:履中天皇が長男世襲制なんで色々と調査してました。

まぁ、目新しい記事も見当たらなかったんで、おかしいなぁ・・・

天孫族は末っ子世襲制やしぃ・・・

と思ってました。

そこで、もう一度、ダビテの王家の末裔(上位次元の皆さんに確認済)で正真正銘天孫族の第26代天皇になる筈だった

倭彦王様についてもう一度調査した。↓

倭彦王(やまとひこのおおきみ[1][2]/やまとひこのおう[3]、生没年不詳)は、『日本書紀』に伝わる古代日本の皇族(王族)。

第14代:仲哀天皇の五世孫である。『古事記』に記載はない。

以上です。

注目すべき所は、『第14代:仲哀天皇の五世孫』と言う点です。

天孫族の天皇家は、第15代までは、末っ子世襲制です。これは、紛れもない事実です。

この、末っ子世襲制の天皇家の人々の直系子孫と言う事です。

つまり、正真正銘の天孫族の神々様の末裔と判断出来ます。

だから、ダビテの王家の末裔だと上位次元の皆さんが教えてくれた。

王朝が第16代:仁徳天皇 第4子 → 第17代:履中天皇(仁徳天皇の長男)

ここで一度変わった可能性はある。但し、仁徳天皇が先代の第四子と言う記述もあるので天孫族の天皇家の可能性もある。

もう一つは、第26代:継体天皇の時です。ここは、明確に変わってます。出所不明の上、長男世襲制です。

100%確実です。

天孫族の家臣でもあります。馬飼い・牛飼いが被差別部落の人々、エタの人々なんですけど第23代:顕宗天皇以前は出てこないので不明です。

但し、天孫族の神々様及び第14代及び倭彦王様は、末っ子世襲制の天孫族です。

エタの人々も天孫族で末っ子世襲制です。ここの変化はないです。

裏古事記:副題ねじれねじれて2000年、私の世襲制、私の霊的世界の魂の縁(瓊瓊杵尊様、天児屋命様)

などです。

古事記や日本書紀に記述が無い以上、少し曲線的ですが倭彦王様は、山に逃げた後、天孫族の家臣(馬飼い・牛飼い)に匿われてその後の生活をしていたと判断してます。

だから、今のリアル社会では倭彦王様の末裔が被差別部落出身地域のエタの人々の中に存在する可能性が高いんですよ。

それでは

竹田恒泰さんの学説を論破したよ。(補足あり)

当ブログを閲覧して頂きありがとう。

お捻り感謝ですよ。ありがとう。

古代、歴史研究家のWonderです。

今度は、天孫族では無い天皇 → 第26代、継体天皇の嫁さんについて調査しました。

竹田恒泰さんという、学問オタクが主張している土俵で勝負してみようかと思いましてね。

ご存知の通り、竹田恒泰さんがツイッターで呟いた継体天皇が天孫族の神々様の末裔である主張を潰したろーと思います。

以下ツイッターの内容です。

『井沢元彦氏の継体天皇で皇統が断絶しているとの説は、極左で知られる史学界ですら否定するトンデモ学説。継体天皇が新王朝を建てたのなら大規模な戦争の跡があるはずだか、それも見られない。先帝の妹と結婚していることからも、この結婚は本家と分家の統合と見られる。』

注目は、シンプルに『先帝の妹と結婚していることからも、この結婚は本家と分家の統合と見られる』という

如何にも学問オタクらしいー、トンデモ学説です。

面白すぎるぞぉー・・・

それで、竹田恒泰さんの主張している先帝の妹とは、どなた様なのか

皇后:手白香皇女(たしらかのひめみこ。仁賢天皇の皇女)

多分、この方の事だろーと判断しました。

子供: 天国排開広庭尊(あめくにおしはらきひろにわのみこと。第29代天皇:欽明天皇)

また、手白香皇女は、武烈天皇の姉(妹との説もある)らしーです。

第29代:欽明天皇 → 継体天皇嫡男です。
即位[編集]

継体天皇と手白香皇女との間の息子である。父親の継体天皇は第15代応神天皇から分かれ地方に土着した傍系の出自であった。継体は大王位を継承するに際し、先々代仁賢天皇の手白香皇女を皇后に迎え入れている。継体天皇は即位までの妃との間に他に沢山の子がいたが、嫡子は直系の手白香皇女との間の皇子であるこの広庭とされた。宣化天皇の妃が身罷った時に、先代安閑天皇の皇后であった春日山田皇女を中継ぎとして推薦したがこれは辞退され、まだ若い広庭が539年(宣化天皇4年12月5日)に即位した(欽明天皇)。欽明は応神の男系血統と、仁徳天皇以来の王朝の血統を継承したとされ、現皇統へと続く祖となった。

なお、天皇が皇女を皇后とするという流れは、欽明が即位するまでに天皇に立った庶兄の宣化天皇、安閑天皇でも、それぞれ継体に続いて手白香皇女の姉妹を皇后に迎え入れ、さらに欽明自身も石姫皇女を皇后に迎えており、維持されている。仁徳天皇を唯一の例外とするこの流れは、聖武天皇妃の光明皇后冊立まで続いた。

なお、記録上の即位年の不整合から、継体から欽明の即位までになんらかの政変があったのではとする仮説がある(後述)。


他にも継体天皇の子供で天皇になった方です。

妃:目子媛(めのこひめ。尾張連草香の女) → 実質的な正室だと思います。(私の勝手な憶測です)

第27代天皇:勾大兄皇子(まがりのおおえのみこ。安閑天皇)→ 継体天皇の長男です。

①.継体天皇の記録の一部です。→ 531年に皇子の勾大兄(安閑天皇)に譲位(記録上最初の譲位例)し、その即位と同日に崩御した。

②.継体天皇の後を受けて、66歳にして即位したが、わずか4年で崩御した。

第28代天皇:檜隈高田皇子(ひのくまのたかたのみこ。宣化天皇)→ 継体天皇の二男です。

・先の安閑天皇が崩御したとき、その子供がなかったために同母弟の宣化天皇が満69歳にして即位した。

以上でーす。

ポイントです。

第27代天皇:勾大兄皇子(まがりのおおえのみこ。)安閑天皇は、継体天皇が崩御したと同時に即位してます。これが、紛れもない長男世襲制です。

その後は、やはり、年齢が上で実質的な正室の次男であります。宣化天皇が後を継いでます。

以上です。

本家の嫁さんは、末っ子世襲制、分家(継体天皇)も末っ子世襲制ならば、二男が先に天皇に継ぐ筈です。

ようするに・・・

檜隈高田皇子(ひのくまのたかたのみこ。)宣化天皇

この方ですね。この方(次男)が先に天皇になる筈なんですよ。末っ子世襲制ならね。

もしくは、継体天皇の嫡男、欽明天皇がもっと早く天皇になる筈なんですよ。

申し訳ないですが・・・

1.ダビテの王家 → 末っ子世襲制
2.ユーラシア大陸・北方騎馬民族 → 末っ子世襲制
3.天孫族の神々様(大和朝廷以前) → 末っ子世襲制
4.大和朝廷初代、神武天皇~第25代、武烈天皇迄 → 末っ子世襲制
ちなみに第15代:応神天皇も末っ子世襲制です。ここもポイントです。継体天皇が子孫の筈なんですよね。

継体天皇は、第26代の天皇です。

ここで、いきなり長男世襲制ですよ。

竹田恒泰さんの主張は、『先帝の妹と結婚していることからも、この結婚は本家と分家の統合と見られる』でしたよね。

だったら、本家も末っ子世襲制、分家も末っ子世襲制の筈なんですよ。だって、ここに長男世襲制が入る余地ないでしょう。

幾ら古事記、日本書紀が改竄されたとしても、自分達の世襲制を改竄するとは、考えられないですよね。

しかも末っ子世襲制を改竄してわざわざ、長男世襲制として後世に残す必要も無いでしょう。

これで天孫族の神々様の末裔、大和朝廷初代:神武天皇の末裔を主張してる脳みそがおかしいです。

本間、いい加減にして下さいね。

私の主張と竹田恒泰さんの主張、どちらが正しいですか?

どう考えても私の方が学問的にも正しいですよね。

と言う事は、トンデモ学説は竹田恒泰さんになるんですよ。

本物は、シンプルにシンプルに進めていくんですよ。いらない情報は、そぎ落として行くんですよ。
継体天皇の世継ぎが情報としては一番大事な部分でして、(継体天皇の威光が直線的に伝わってるから)この情報を元に天孫族の神々様の末裔なのか末裔で無いのかを判断するのがシンプルなんですよ。

偽物は、シンプルに出来ないから曲線的に進めるんですよ。これが、『局面を複雑化して焦点をボカしてうやむやにしてしまう方法でなんかわからんけど、こうなったみたいな感じで進めるんですよ。』

この後は、長男が跡継ぎであったり、二男、三男が跡継ぎであったりとバラバラで統一性ゼロです。

本間、私の霊的世界の魂と縁のある(これもある特殊能力者の見解)、天孫降臨:瓊瓊杵尊様や大和朝廷、初代:神武天皇もキレる筈ですよ。

それに日月神示を読んだらわかる部分が多いですもん。

1.「今迄は四本指八本指で物事をはかって誤りなかったのであるが、岩戸が明けたから親指が現れて五本十本となったのぢゃ、このことよくわきまへよ」 『星座の巻』 第十五帖 

2.「元は5で固めたのぢゃ、天のあり方、天なる父は5であるぞ。それを中心として、ものが弥栄えゆく仕組、それを人民は自分の頭で引き下げて4と見たから行き詰って世界の難渋であるぞ。手や足の指は何故に5本であるか、誰にも判るまいがな」

3.「四つの花が五つに咲くのであるぞ、女松の五葉、男松の五葉、合わせて十葉となりなりなりて笑えみ栄ゆる仕組、十と一の実のり、二フ二ジと輝くぞ、日本晴れ近づいたぞ」

とかね。こんな神示なんか、一般ピープルは誰も正確に紐解けないでしょう。これ、被差別部落の人々、エタの人々に伝えたら瞬殺で理解しますよ。

それに天孫族の神々様の末裔(エタの人々)は常に末っ子世襲制で統一されてますし、現在まで続いてますよ。

私は、自由になりたいので家を継がなかったですけど、名前が世襲制通りの名前ですよ。長男のような名前ですよ(笑)
でも男兄弟も存在する中の末っ子なんですよね。

また、極め付けはこちらの神示ですよ。

『いやな事は我が血ち統すじに致さすなり、他た人にん傷つけてはならんなり』 『青葉の巻』 第七帖 [476]

明確に『我が血筋に致さすなり』とあるでしょう。

我が血筋とは、天孫族の神々様の血筋と言う意味ですよ。

これは、私の事ですよ。と言う事は、エタの人々(私も含む)は天孫族の神々様の末裔だと日月神示にも曲線的に伝えてるでしょう。

それでは

少し訂正・・・

17代天皇:履中天皇
仁徳天皇の第一皇子。母は葛城襲津彦の女・磐之媛(いわのひめ)。
とあります。また弟が存在するので、この辺りでも天孫族の神々様の王朝とは、違う王朝になったかもしれないですね。

という事は、王朝の交代が3回あったと思われます。

いずれにしても末っ子世襲制では無い、継体天皇は天孫族の神々様の末裔ではありません。
従って、今の天皇家も竹田恒泰さんも天孫族の神々様の末裔ではありません。

それでは
Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主です。
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力、天変地異系が得意です。

一厘の仕組み
ダビテ王の末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、天孫族の神々様の末裔が被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
354位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング