FC2ブログ

天孫族の天皇家 → 出雲族の天皇家の変化

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝・感謝ありがとう

お味方衆に幸多かれ!

コメントありがとう

出来れば、ニックネーム作って頂けませんか?

名無しは、過去にロクでも無いクソ坊主に騙された事があるんでね。

1.諏訪大社の粥占いの結果が2020年も三行半でした。諏訪大社や、他の大社系は出雲族とのことですが、確かに写真で見てみると、「敵(勘違い系)」が多い顔と同じような顔つきでした。

諏訪大社=出雲族と言うことは、地の末裔なわけですから、天=神がどのような采配をするかは自分達ではわからないので、このような占いで天を見たわけですね。

神宮系でこのような占いは、あまり聞いたことがありません。
それは、自分達が天孫族だから、天の思いから大きく外れることがないからなのかもしれません。

神宮の中で働いてらっしゃる男性をみると、確かに、霊格が高そうな感じで、美男子のような雰囲気がありますね。
あれが、本当の天孫族の霊格なのかもしれませんね。

天皇を見てみると、地の方にエネルギーが寄っていて、アウターアース(外側の世界)で天孫族の霊魂の高さを真似している。
と、見ようによっては捉えることができそうです。

と言うより、私にはそう見えます。

出雲族が、天孫族の真似(偽り)をしたから、この逆さまの世界が始まったのでしょうか?

いつから、天皇が、出雲族に変わったのかをご存知でしょうか?



想念のエリアで弱すぎる御名方富命神が諏訪大社の神様ですよね。私の上位次元の皆さんが過去にフルボッコしてますよ。相手にもならんです。

顔つきは、何とも言えないです。見た事ないのでね。

占いは、そうかもしれないですね。

『神宮系でこのような占いは、あまり聞いたことがありません。それは、自分達が天孫族だから、天の思いから大きく外れることがないからなのかもしれません。神宮の中で働いてらっしゃる男性をみると、確かに、霊格が高そうな感じで、美男子のような雰囲気がありますね。あれが、本当の天孫族の霊格なのかもしれませんね。』

それ、まじかぁ・・・

それ、アカンやろー

私は、天照大御神様の生まれ変わりの人なのにハゲテル様になってるんぞ!

どういう事やねん。全員今すぐ剃りましょう

・・・

これは、知った上での質問ですか?

それとも単純な質問ですか?

わからんけど、良い質問ですよ。

・出雲族が、天孫族の真似(偽り)をしたから、この逆さまの世界が始まったのでしょうか?

・いつから、天皇が、出雲族に変わったのかをご存知でしょうか?


・・・・・

まず、このブログって、私の将棋の為(勉強ノート込み)に立ち上げたブログなんですよ。だから、メイン記事は将棋なんですよ。巷のコカ・コーラと同じでコカ・コーラよりもジョージアの方が売れ行きが良いのと同じです。将棋系だけだと、日々の更新が止まるんで、暇つぶしにまず、オカルト系をアップし始めたんですよ。

何かわからんけど、不思議な能力が出始めましてね。御嶽山噴火辺りからだと思います。そこで人が亡くなってちょっと本格的に地震予知でも始めてみようか?(その頃は、こんなにめんどくさいと思わなかったです。)みたいな感じでした。詳しく記載するとそれだけでブログ更新が数日終了するんで割愛します。

それで、何かわからんけど妙な特殊能力があるのぉーと思いましてね。そこから自分探しが始まった。

当時勤めてた会社の休憩室に日月神示の解説本(中谷さんの奴)があったんで、興味本位に読んだことはある。でもその頃は、殆ど気にも留めて無かったです。宇宙全史もその頃かな?
2014年だったような気がする。

その頃だったかな?

月読尊様に小保方擁護派の先鋒を仰せつかったと思う。確か二度断った。

すいません

だって、科学なんてしらんもん!

将棋第一でしたしぃー・・・

三回目で了承しました。

また、日本の正神の神々様の中で木花咲耶姫様が反小保方派に一番キレてるのもその頃に理解した。

これ、日本で誰も気付かなかったのが未だに不思議でならんです。

普通は、気付くでしょう。

少し話し逸れましたが・・・

日月神示関連で天皇家の事を調査する前段階で自然と予備知識が出来た。

1.被差別部落の人々が元々は天孫族だった事。

理由:末っ子世襲制

裏古事記:副題『ねじれねじれて2000年』 ⇔ 福来出版

ここの内容の全部が全部正しいとは、思わなかったですが、少なくとも被差別部落の世襲制と天孫族の神々様の世襲制の説明については納得した。なぜなら、当事者だからです。

2.霊的な話しです。

・ひつきのひかりさんって霊能者が福岡にいるんですよ。それで、私と一番縁の深い高次元の神様を調査して頂いたら『天児屋命様』だった事。詳しい説明は割愛します。

3.ある特殊能力者に伝えられた事

・天孫降臨:瓊瓊杵尊様と霊的世界の魂で縁がある事。

4.吉田翠香さんの『輪廻転生・前世鑑定結果』より

・ユーラシア大陸、北方騎馬民族の流れに由来する。

古代   81代前:男
北方騎馬民族の流れ。馬飼。

古墳時代 73代前:女
官人。朝鮮半島より移住してきた騎馬民族。馬医者 馬の殖産

白鳳時代 65代前:男
呪術師 高い位の方の命を守るボディガードをした。人の心の裏を読み、動きを察知して自分の主人を守った。身体を使って生命を守った。

7.平安末期 51代前:女
女官毒味役 采女 呪術を使って、貴人の動きの予言をさせられていたが、源平合戦の折、源氏側へ。戦局を占っていた。勝利祈念も受けて、祈った。

まぁ、こんな感じです。

私は、被差別部落の地域に我が家が存在する末っ子世襲制の家で生まれた末っ子です。でも名前に『一』が付いてるよ。

被差別部落の人々の昔の職業は、牛馬に関する仕事です。

従って

北方騎馬民族:馬、ヤク(牛の事)に関連する末っ子世襲制の遊牧民族集団です。



天孫族の神々様及びその末裔です。末っ子世襲制で職業は、馬飼い、牛飼いです。

仁賢天皇:第24代天皇
安康天皇3年、天皇が暗殺された後に父の市辺押磐皇子が大泊瀬皇子(後の雄略天皇)に殺されると、弟の弘計王(後の顕宗天皇)と共に逃亡して身を隠した。まず丹波国与謝郡(丹後半島東半)に逃げ、後には播磨国明石や三木の志染の石室に隠れ住む。兄弟共に名を変えて丹波小子(たにわのわらわ)と称した。縮見屯倉首(しじみのみやけのおびと)に雇われて牛馬の飼育に携わっていたが、清寧天皇2年に、弟王が宴の席で王族の身分を明かした。清寧天皇は、子がなかったため喜んで迎えを遣わし、翌年に2王を宮中に迎え入れた。4月に億計王が皇太子となった。

縮見屯倉首の説明です。

現在の兵庫県三木市志染町(しじみちょう)付近にあったとされる屯倉。同所は《播磨国風土記》に記される美嚢(みなぎ)郡志深里,《和名抄》に記される美嚢郡志染郷に比定されている。《日本書紀》顕宗天皇即位前紀によれば,安康(あんこう)天皇の死後,雄略(ゆうりゃく)天皇によって殺害された市辺押磐皇子(いちのべのおしはのおうじ)の子億計(おけ)(のち仁賢天皇)と弘計(おけ)(のち顕宗天皇)の兄弟は,播磨国縮見屯倉の首(おびと)忍海部造細目(おしぬみべのみやつこほそめ)のもとに身を隠していた。



ここに隠れ住みつつ、牛馬の飼育ってあるでしょう。これって、天孫族の天皇家の家臣なんですよ。

継体天皇の時、第26代天皇第一候補:まず丹波国にいた14代仲哀天皇の5世の孫である倭彦王(やまとひこおおきみ)を推戴しようとした。

倭彦王 ⇔ 天孫族の天皇家の家臣 ⇔ 職業は、馬飼い、牛飼いだと判断中です。なぜなら、臣下だったからです。

それで、



被差別部落の末っ子世襲制の人々

・末っ子世襲制
・牛馬に関わる仕事

綺麗に繋がってるでしょう。

だから、私が天孫族だと理解したんですよ。

これが、最初だったかな?

その時は、今の天皇家の世襲制が違う事に気付きましたが、こんなん突っ込んでブログにアップするの嫌ですやん!
だから、スルーしたんですよ。流石に相手が悪すぎると思った。

これが日月神示を紐解く前にあった予備知識です。

そして、日月神示

・種は落ちぶれた人 ⇔ 瞬殺で被差別部落の人々を指してるとわかった。

因縁の身魂 ⇔ 天孫族(被差別部落)と出雲族

それから、上の臣民ってあるでしょう。

これって、天皇家の事なんじゃーないかな?

と思ったんですよ。

そこからですよ。

天孫族の天皇家が出雲族の天皇家に入れ替わっている所があると予想して世襲制を初代から調査した。

天孫族の神々様の末裔 → 末っ子世襲制 ⇔ 現在まで続いている。被差別部落の末っ子世襲制の家庭

違うなら、天孫族以外と区別を付けたんですよ。

天孫族が何処でエタに落ちぶれたのか?

そのタイミングが世襲制で理解出来るんでよ。なぜなら、天孫族の末裔ですからね。

調査すると・・・
・第10代天皇:崇神天皇 → 開化天皇の第二皇子
・第11代天皇:垂仁天皇 → 崇神天皇の第三皇子
・第12代天皇:景行天皇 → 垂仁天皇の第三皇子
・第13代天皇:成務天皇 → 景行天皇の第四皇子

・この間に  :日本武尊 → 第二皇子
正室 → 妃:両道入姫皇女(ふたじいりびめのひめみこ、布多遅能伊理毘売命) - 垂仁天皇皇女(記)。 稲依別王(いなよりわけのみこ、記の母は別) - 犬上君・武部君(建部君)の祖(記紀)。

・第14代天皇:仲哀天皇 → 景行天皇皇子である日本武尊の第ニ子。異母弟がいたが、この人が正当な跡継ぎだと思う。

この方の5世の孫が倭彦王様 → 第26代天皇第一候補。
山に逃げた人 職業:馬飼い、牛飼いと判断中の天孫族の方です。被差別部落の地域で生活したと判断中です。

・第15代天皇:応神天皇 → 仲哀天皇の第四皇子
・第16代天皇:仁徳天皇 → 応神天皇の第四皇子
・第17代天皇:履中天皇 → 仁徳天皇の第一皇子

ここで、長子世襲制になってますが、父親明確(末っ子世襲制)ですし、兄弟明確です。また、後の仁賢天皇:第24代天皇が馬飼い、牛飼いに匿われてたので問題無しと判断、なるべくシンプルにしたいのでね。相手の反論を無くしたいので、スルーしました。

・第18代天皇:反正天皇 → 仁徳天皇の第三皇子
・第19代天皇:允恭天皇 → 仁徳天皇の第四皇子
・第20代天皇:安康天皇 → 允恭天皇の第二皇子
・第21代天皇:雄略天皇 → 允恭天皇の第五皇子

・第22代天皇:清寧天皇 → 雄略天皇の第三皇子
・第23代天皇:顕宗天皇 → 市辺押磐皇子(履中天皇の長子)の第三子
・第24代天皇:仁賢天皇 → 第17代:履中天皇の孫、市辺押磐皇子
・第25代天皇:武烈天皇 → 父は仁賢天皇、母は雄略天皇の皇女・春日大娘皇女。同母姉妹に、手白香皇女(継体天皇の皇后・欽明天皇の母)・橘仲皇女(宣化天皇の皇后)らがいる。

そして、もっとも天孫族の天皇家としては、筋が通らない天皇。
更に、今の天皇家は、ここから始まったとされる天皇です。

それが

第26代:継体天皇

・応神天皇の5世孫(一応そうなってるが・・・?世襲制が違うぞ!)

・長子世襲制 → 第27代天皇:長男、第28代天皇:次男、第29代天皇:嫡男

・大和入りに19年の歳月を要している。19年だよ。19年・・・

・先代、武烈天皇を強烈に批判した事が後世に残っている。

ポイント
・第14代天皇:仲哀天皇の五世孫:倭彦王様が山に逃げた。牛飼い、馬飼いと判断中です。

なぜなら、第24代天皇の家臣が牛飼い、馬飼いだった事です。

また、臣下だから、天皇第一候補にも挙がった。

と言う事は、牛飼い・馬飼いの可能性が高いです。

そして、『牛飼い、馬飼い』は、被差別部落の地域で生まれた末っ子世襲制の人々の職業と共通します。

厳密に伝えるなら、第17代で一度天皇が変わった可能性がありますね。長子世襲制ですからね。でも家臣が馬飼い、牛飼いですから、根拠としては少し薄い気がしてます。また、反論される可能性もあるんでね。だからスルーしたんですよ。

でも、第26代:継体天皇は100%天孫族の神々様の末裔では無い。

絶対違うと思う。

今の天皇家には、確か馬に関する行事が無かったと思います。

知恵袋の騎馬民族征服王朝説の質問でで回答者が否定的な根拠の一つとして回答してました。

その継体天皇から続く天皇家が今の天皇家なんですよ。

さらにインチキ説明発見

ウイキペディア

末子相続

末子相続(まっしそうぞく、ばっしそうぞく)は、最後に生まれた子供(末子)が財産や家督を相続する制度。対義語は長子相続。

遊牧民社会[編集]

遊牧民社会では、子は成人すると親から家畜群や隷属民など一定の財産を分与されて独立するが、末子は最後まで親許から独立せず、親が死ぬと親の手許に残った財産をそのまま相続することから、末子相続が生じる。先に独立する子が分与される財産は親の財産のごく一部である場合が多く、結果的に末子が親の財産の大部分を相続することになる。

このような独立していく子に親の財産を分与することから、財産(家畜)の分割の容易な遊牧民に見られる相続形態である。

ただし、家督の相続と財産の相続とは別に考えられるような部分があり、家督の継承は実力によるところが大きく、財産の相続は末子有利という傾向があったようである。

成人・独立していない子が親許に何人か残っているうちに親が死んだ場合、末子ではなく、当該成人していない子供たちのうちの最年長者が親の財産を相続するというケースもある[1]。しかし、その場合でも末子は将来的に母親の財産を相続するなどそれなりに重んじられる風潮があった。

モンゴル人の間では親の遺産を相続する末子を「火の王子(炉の番人とも)」を意味する"オッチギン"と呼んだ。神聖な家の炉の火を守り、継承する者だからである。チンギス・ハーンの末の嫡出弟であるテムゲ・オッチギンが著名である。

末子相続のもう1つの考え方として、略奪した女性との婚姻や妻妾の相続がなされる社会において、第1子は女性の以前の夫の子供である可能性が第2子以降に比べて高いため、あえて長子を相続者にしない、というものである。

長子相続かつ一夫多妻制の社会では、老いてから迎えた若い妻との幼子を家長が偏愛することによって、しばしば相続争いが起こる。いっぽう末子相続は相続時点での家長の意向に沿うことになりやすいため、長子相続におけるような紛争が起こりにくい

日本[編集]

日本では邇邇芸命、彦火火出見尊など神話時代から応神天皇の時代にまでおける末子相続がみられる。これらの相続について、古事記や日本書紀には兄が死亡したり、怖気づいたりして弟に皇位を譲るという伝承があるが、これは末子相続による継承を不可解に思った後世の人物の付会である。[2]また古代出雲族に末子相続の習慣があったとされている。

葛城王朝説を唱えた鳥越憲三郎は、著書「神々と天皇の間」において、神話時代から葛城王朝および三輪王朝の古代天皇までは第二子相続であり、長子は神官となって一定の権威を保持していたが妻帯せず、後代になって神官の役割が重視されなくなることによって長子の事績の記録が失われたものであり、仁徳天皇の代以降になると、第二子相続が守られなくなることによって兄弟の相続争いが頻発するようになったとする説を展開しているが、神八井耳命、大彦命、豊城入彦命など多くの皇室の長兄は子孫がおり、当然妻帯していたはずで彼の理論には疑問がある。[3]

近代においては、近畿[4]、瀬戸内、九州[5]の一部地域の漁村でその例をみることができる。漁村で末子相続が行われる理由として、水田・畑のような財産となる土地を持たず、財産分与の問題が生じにくいことや、子が労働年齢に達すれば直ちに海に出るために生命の危険が多く、末子に継がせることがより安全である、というものがある。

このほか、長野県諏訪地域では、江戸時代後半から昭和戦前期まで末子相続が見られた[6]。この場合、長男次男などは江戸に奉公や出稼ぎに出かけ、男性の末子が田畑を相続し両親の扶助を行った。この地域の田畑の生産力が低いことと、江戸時代中期以降に耕地の細分化と核家族化がすすんだ[7]ため、こうした風習が成立したと考えられている。

この風習は、形を変えて第二次世界大戦終結まで行われ、長男や次男は都市の大学に進学または都市に出て就職し、男性の末子が地元に残って両親の扶助を行った例が多く見られる。諏訪地方出身の著名人には、こうした例がしばしば認められる。この風習は、長男相続と家父長制を規定する大日本帝国憲法下の民法に抵触したため、訴訟裁判沙汰となることもあり、民法学者の興味をひく判例をしばしば提供した。

相撲部屋の継承では、現在でも末子相続をみることができる。古い弟子は引退後独立して部屋を興し、師匠の停年時に部屋を継承するのはその時点での部屋付き親方や現役力士という例である。また弟子が師匠の入婿となって部屋を継ぐケースでは、部屋創設当時の弟子は師匠との年齢差が小さいため師匠の娘と年が釣り合わないということもある。たとえば高砂部屋では、5代目師匠である元横綱朝潮の弟子のうちまず元大関前の山が独立して高田川部屋を創設、ついで元関脇の高見山、富士櫻が独立し、朝潮が死去したときに継承したのは部屋付き親方の富士錦であった。

・・・

少し長文ですが

・遊牧民族 → 末子世襲制
・天孫族  → 末子世襲制
・相撲部屋 → 末子世襲制 初めて気づいた。日ユ同祖論系、相撲繋がりだよ。

この中にしらーっと・・・

[2]また古代出雲族に末子相続の習慣があったとされている。

なんじゃーこれは、インチキ極まりない。

勝手に作るな!

大国主命は、建速須佐之男命様の婿養子ぞ!

しかも、因幡の白兎の話で兄達、八十神の迫害を受けてた。

その兄達を討ち果たしたんぞ!

兄達を討ち果たして後を継ぐのは、末子世襲制とは、言わんぞ!

しかも

大国主命様 → 事代主命様(長男)

と続くんぞ!

次男:御名方富命神は、跡継ぎでも何でもないんぞ!

また、馬飼いでもないぞ!海で魚釣りしてたんでしょう。

かなりの長文ですが、完膚無きまでの『一方的タコ殴り劇場継続中』です。

相変わらず、ガン無視の竹田さん

反論あるなら、いつでもコメント下さい。

そのまま、私の霊的世界の孫。

天孫降臨、瓊瓊杵尊様に私の助言を一言付け加えてお伝えしますよ。

それでは
スポンサーサイト



プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
52位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング