FC2ブログ

本日の将棋の取り組みです。10月11日

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

本日の将棋の取り組みです。10月11日

今日は、集中して取り組んでました。軽め調整ですが将棋の取り組みとしては充実一途でしたね。

石田流を指しこなす本『持久戦と新しい動き』

第3章を終了した時、イマイチ集中力がなかったので、再度取り組むとアップしてましたが、第2章と第3章を一気に取り組みました。

第2章では、▲77角からの速攻です。第3章では、本組みからの仕掛け(▲97角型)です。
両方ともにまだうる覚えの状況ですが、実戦と併用して徐々に自分の物にして行きたいですね。理解したつもりのような感じです。
戦法別の棋書って将棋指しの間では定跡本って伝えるんですけど、大体40手前後までは、戦型は似たり寄ったりの形になる場合が多いです。だから序盤は定跡を覚えるのが必修です。(論文のコピーと同じですよ)実戦はその応用みたいなイメージです。研究の範囲内で相手が手順を繰り出す場合もありますし、例えば、この棋書を取り組んで相手側を持った場合は、どうやって切り抜けるかを自分の頭で考慮して序盤を組み立てる事になります。先読みしなくてもこの展開は、流れとして(相手のしぐさや表情とか目線の位置とか)この局面に成り易いとか何となく読み取れます。このままでは形勢が悪くなるから、どうしようか?どう言った方針で指して行こうか?ゆっくりと決めるのが序盤戦です。

方針としては、捌くのか?抑え込むのか?先行逃げ切りにするか?受けてカウンターで勝負するのか?切り合い勝負に行くのか?局面の途中でギアチェンジしてスピード重視にするとか?
色々ありますが、基本は定跡書です。そして自分が決めた方針に従って序盤戦を指して行きます。

石田流の場合は、捌く将棋ですからね。捌いて一手勝ちを狙う将棋になります。振り飛車 対 居飛車の戦いですから、L字型(お互いが横から攻めるパターン)の攻め合いに成り易いので、玉の固さや広さも関係してきます。極端な話し、相手の王様を詰ます時は、持ち駒が無くても詰ませたら勝ちなんである意味無駄が無いですよね。この無駄な一手を省く事も必要です。

序盤戦:駒の損得 > 一手の価値
中盤戦:駒の損得 = 一手の価値
終盤戦:駒の損得 < 一手の価値

になりますから、どこでギアチェンジするかも一つのポイントだと思います。

尚、アマ有段者になると振り飛車側も居飛車側も両方指せます。(一人二役みたいなイメージです。)

プチ将棋講座でした。

それでは
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング