FC2ブログ

仏陀の弟子と次元上昇・・・

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

地震予知系
鳥取県に震度4の地震が発生しました。一番微妙で判断に迷う所です。如何せん、私自身が震度4と震度5以上の見極めの能力がまだイマイチなんで、こんな時は、地震予知の結果の判断に迷う所です。震度3は完全スルーなんで、ブログにもアップしてない場合が殆どです。(福岡、震度3の時位じゃないですかね。その後鹿児島で震度4以上の地震が発生すると前もってアップしてた記事以来のような気もします)リアル社会で発震する順番がわかる時もある。

こんな時の結果は、地震予知の期間を終了して振り返って、始めてあの時の地震がそうだったみたいな結論に成り易いです。
インチキでもなんでもなくて、私の現時点の地震予知能力がこの程度のレベルだと言う事です。従って、見極めがつかない状況です。すいません。

妙に納得してない部分もありますが、不幸を願うのは最悪なんでこんなもんやろーか?(この程度の地震の意味)位の気持ちです。

陰陽のバランスについて

『霊的なWonder さん、体から抜け出した魂のWonder さんが、霊的世界で陰陽のバランスをとる活動をされている』

この問題は、私自身の今後の課題です。多分、結論が出ないと思います。別の特殊能力者の方に質問してみましたが、やはり他人の口から回答を得るよりか、自分自身で何度も神様にお伺いをした方が良いらしいです。(私の場合は、瓊瓊杵尊様、木花咲耶姫様、天児屋命様)神様にずっとまじめに正直に質問すると、リアル社会にてある日突然、間接的に閃くらしいです。その閃きや気付きに私が気付くかどうか?茨城の発震も相当気付くのが遅かったですからね。(笑)

教えて頂いた一部です。
『陰陽のバランスは、どんな場合も必ず取れているはずであり、バランスをとる活動をする魂が存在しないわけではないと思いますが、特別な存在であり、その活動を理解しなければ、自分の陰陽のバランスが取れるわけではないと思います。』

霊界の私の魂が特別な存在かもしれませんが、リアル社会の私は只の『特別な存在と思われたい人』ですからねぇ・・・

残念・・・

まぁ、リアル社会の私の心の持ち方があかんでしょうね。もうちょっと『大吟醸』を目指さなぁ・・・あかんでしょうね。(涙)

仏陀の弟子について

仏陀とはお釈迦様の事です。

弟子は代表的な人物が10人おるそうです。私が仏陀の弟子に興味を持ったのは、この仏陀の弟子の一人がコダマとしてリアル社会に生存していると言う事ですよ。このコダマの方は誰なんでしょうかね?出来る事なら会ってみたい人です。
憶測ですが、宇宙全史に関係する人だと思う。

1.虚空蔵55さん
2.みわさん(巫女さん、私はこの人の正体を知ってます。多分有名なあの人だと思う。)
3.だいさん(マッサージ師)
4.RIEさん(マスターオブライフ協会の代表の人)
5.マスターオブライフ協会のメンバーの一人

この中に仏陀の弟子のコダマの方がリアル社会に実在していると思ってます。凄い人なんでしょうね。次元上昇ですよ。3.28次元→3.29次元
お蔭で南のトラが回避できた。感謝しなあかんわー・・・
この方は、純粋に『覚醒』と『慈悲』を他の人に教えているそうです。私も一度会って、どんな考え方をしているのか?出来る事なら一度位、話しをしてみたいです。

それで、仏陀の弟子の何方のコダマの方やろーか?と興味津々になりましてね。

1.舎利弗(しゃりほつ) インド名:サーリプッタ

十大弟子の中では最も早くお釈迦様の弟子となり、幼馴染の目連と力を合わせて初期の教団を支えました。阿弥陀経、般若心経の中にも登場し般若心経中の舎利子(しゃりし)は彼のことをさします。智慧第一

2.目連(もくれん) インド名:モッガラーナ

目犍連(もくけんれん)を略して目連といわれます。上記の舎利弗とは幼馴染です。神通力、いわゆる超能力に長けており、餓鬼道に落ちた母親を救おうとした逸話が今日の盂蘭盆会の起源になりました。目連はお釈迦様の説法を邪魔しに来る異教徒を追い払うボディーガードの役目も果たしたといいます。神通第一

3.摩訶迦葉(まかかしょう)インド名:マハーカッサパ

大迦葉(だいかしょう)ともお釈迦様が亡くなった後、教団分裂の危機を感じ、弟子達を集めて(結集)お釈迦様の教えを、整理統一し後世に伝えた。出家してから生涯を終えるまで、衣食住にたいする執着を払いのける修行を続け、お釈迦様からもらったお古の衣を生涯大切に着たという。頭陀第一:※頭陀:衣食住に関する貪りを払い除く修行のこと

4.阿那律(あなりつ)インド名:アヌルッダ

お釈迦様のいとこ、説法中に居眠りしたことを恥じ、以降眠らずついに失明してしまうが、光を失ったことにより真理を見る眼得たという。お釈迦様が亡くなった時、そばにおり、取り乱す弟子達をなぐさめ励ましたのが彼。お釈迦様の死を摩耶夫人(お釈迦様の母)に知らせに行ったのも彼だといわれる。天眼第一

5.須菩提(しゅぼだい) インド名:スブーティ

色即是空、空即是色…この仏教で最も難しい「空」をもっともよく理解したといわれる。「祇園精舎」を寄進したといわれるかの有名な須達多(スダッタ)長者は彼の叔父にあたる。
解空第一

6.富楼那(ふるな)インド名:プンナ

海洋貿易の商人出身。弁舌に優れ、説法が得意で多くの信者達の心を動かした。辺鄙な地域への布教でも活躍した。説法第一

7.迦旃延(かせんねん)インド名:カッチャーヤナ

幼い頃から聡明で学者タイプの冷静な理論家で、お釈迦様の教えをわかり易く伝え広めることに長けていた。様々な国をまわり、時に命の危険にさらされながら布教を行ったという。
論議第一

8.優波離(うばり)インド名:ウパーリ

理髪師の出身で元阿那律の従者。主人よりも先に出家してしまう。釈迦族の若者達が出家する際に、荷物持ちとして同行した。その際、お釈迦様に会いたい一心で主人を差し置いて先に弟子入りし、兄弟子となった。人間は平等という当時、革命的であったおしゃか様の教えの見本となった。よく戒律を守ったという。持律第一

9.羅喉羅(らごら)インド名:ラーフラ

お釈迦様の一人息子。お釈迦様の出家の直前に生まれる。受戒を受けたものとそうでないものは別々の部屋で寝るという規則があり、羅喉羅が見習いであった頃、息子だからといって特別扱いを受けることなく、規則を守り便所で寝ていたという。密行第一

10.阿難(あなん)インド名:アーナンダ

お釈迦様の身の回りの世話をし、最も近くでその言葉を聞き続けた。お釈迦様が亡くなった後、優れた記憶力で傍で聞いた教えを語り、経典の編纂に協力するが、この時高弟の中で唯一悟りを得ていなかったため、摩訶迦葉に難色をしめされる。大変な美男であったといわれる。多聞第一

この中の方のコダマがリアル社会にいると判断中です。私の中では目連さんが一番の注目です。但し私じゃないよ。この時代は、『女官毒味役』の時代じゃないかと思います。
この目連さんのコダマがリアル社会におる確率が高そうなイメージです。そして次元上昇した人がコダマだと勝手に思ってます。ちなみに目連さんは『男』です。

次元上昇の仕方を教えてほしいですね。それから、将棋のヒントもお願いしたいと思う今日この頃です。(どちらかと言うと将棋かな?)

それでは
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング