FC2ブログ

竜王戦

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝です。

竜王戦

第31期竜王戦七番勝負第7局

羽生竜王 対 広瀬八段

の対局が終了して、広瀬八段が勝って新竜王になるとともに負けた羽生竜王が27年ぶりに無冠になった。

これも時代の流れでしょうか?

羽生世代だけに何とも空しいと言うか、将棋界も新しい時代が来た瞬間を目の当たりにしてしまいました。

将棋って体力を無茶苦茶使うんですよ。知ってましたぁ・・・?

だから、歳とともに棋力も少しづつ落ちて行くんでしょうか?

悲しいですが、それが現実ですよ。

それにしても将棋も将棋ソフトの進化とともに死滅する戦法もあれば、後手番が中々勝ちにくい世界になったのかも知れませんね?

矢倉戦なんか全然出てこないようなイメージです。

後手一手損角換わり腰掛銀戦も後手番が勝ちにくいんでしょうか?

早繰り銀戦法とかで積極的に主導権を取りに行く将棋の方が受けてカウンターよりも良いような気がしてきました。

また、先手が腰掛銀にして、桂馬を早めに跳ねたら、後手は、同形にせず、横歩取りのような陣形に構えて左桂の交換を早めにしてしまうとかダメでしょうかね?

そして、先手玉側の端攻めをするとか?→ 発想の転換ですが、やっぱりダメなんでしょうね。一手稼げる計算ですけどアカンかのぉ・・・?

まぁ、プロ棋士の皆さんがアカンと思ってるのでアカンのでしょけどね。

私は、昔から後手一手損角換わり腰掛銀戦法の先手番は、▲48金型(プロ将棋で流行る前からです)で勝負してるんですけど、先手玉が2枚と薄いのでガッチリ受けてカウンターの方針の相手だと妙に相性が悪いのかも知れませんが、それ以上に悪いと思うのが、先に仕掛けられるパターンだと思ってますので、後手が意識して早め早めに動いて行けば良いような気もします。最初から乱戦の方針とか(笑)

振り飛車対居飛車の居飛車後手番で急戦斜め棒銀の時の△42金の一手を省略して主導権を取りに行くイメージですけどね。→ 素人の浅はかな考えですけどそんなイメージで最初から主導権を取りに行った方が良いんじゃないかと思ってしまいました。

(プロ棋士の対局の実際の後手一手損角換わり戦の後手番の勝率がどうなってるか不明ですが?)

今日は、竜王戦の話しでした。

それでは
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング