FC2ブログ

神恩感謝

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝・感謝・ありがとうです。

枚岡神社

主祭神として祀られている天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、「日本書紀」神代巻に「中臣の上祖(とおつおや)」「神事をつかさどる宗源者なり」と記され、古代の河内大国に根拠をもち、大和朝廷の祭祀をつかさどった中臣氏の祖神で、比売御神(ひめみかみ)はその后神です。経津主命(ふつぬしのみこと)・武甕槌命(たけみかづちのみこと)は、香取・鹿島の神で、ともに中臣氏との縁深い神として知られています。

第1殿 天児屋根命(あめのこやねのみこと)

天兒屋命・天之子八根命・天子屋根命とも書き、太詔戸命・櫛眞智命中臣の神とも称え奉られます。天の岩戸開きに功績をあげられますが、はじめてお祭りを行い、祝詞を奏上された事から「神事宗源(しんじそうげん)」の神と称えられています。天孫降臨の神話では、瓊々杵尊(ににぎのみこと)に御供仕え奉った神々の中でも、特に重責を担った神であり、天照大御神(あまてらすおほみかみ)・高皇産霊神(たかみむすひのかみ)から、皇孫を助け斎ひ護るようにとの神勅により、その重責をはたし皇運の基礎を固めきづかれた事から、「天孫輔弼(てんそんほひつ)」の神とも称えられています。

第2殿 比売御神(ひめみかみ)

諸説があり詳細は不明ですが、天美豆玉照比売命(あめのみづたまてるひめのみこと)とも称えられ天児屋根命の后神で、常に夫神を助けられ内助の功績多く、御子神天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)を強く賢く育てられる等、良妻賢母、女性の鑑と仰がれています。

第3殿 経津主命(ふつぬしのみこと)

香取神宮の御祭神。比古自布都命(ひこじふつのみこと)・斎主命(いわいぬしのみこと)・伊波比・斎ノ大人とも称え奉られています。武甕槌命と同じく、神話「国譲り」において出雲国に派遣され、見事にその役を果たされた神様で、武運守護の大神と仰がれています。

第4殿 武甕槌命(たけみかづちのみこと)

鹿島神宮の御祭神。建御雷之男神(タケミカヅチノオノカミ)、建御雷神建御賀豆知命、布都御魂神と称え奉られています。神話の中の国譲りにおいて、高天原の最高司令神の名で地上の国を平定する切り札として出雲国に派遣され、見事にその役を果たされ、国の平定における武力と権威の象徴ともいうべき神様です。


摂社 若宮社

御祭神:天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)

天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)がお祀りされています。 天児屋根命と比売御神の間に生まれた御子神様です。この神様は、天児屋根命の命によって、天の二上に登り、皇御孫尊(すめみまのみこと)の御膳水(みけつみず)を取ってきたと伝えられております。社殿は、明治20年に改築され現在にいたっております。水にかかわる神様であるためか、左奥に「出雲井」(いずもい)と称する井戸があり、古くより神聖な水が湧き続けています。枚岡神社の鎮座地は、出雲井町でありこの井戸の名称から、そう呼ばれるようになったのではないかと考えられます。


末社 天神地祇社

天津神・国津神がお祀りされています。この社には、もと境内にあった19末社の椿本社(猿田彦神)、青賢木社(天磐立神)、太力辛雄社(天手力雄命)、勝手社(受鬘神)、地主神(枚岡社地の地主神)、笠社(風神)、住吉社(住吉明神)、飛来天神社(天之御中主命)、岩本社(岩本明神)、佐気奈辺社、一言主社(一言主神)、坂本社(山王権現)、素盞鳴命社(素盞鳴命)、八王子社(王子八神)、戸隠社(天八意思兼命)、大山彦社、門守社(櫛石窓神・豊石窓神)、角振社(角振神)、官者殿社(素盞鳴命の荒霊)と合せて、氏子近郡の村の氏神としてお祀りされていた、出雲井村の八坂神社、豊浦村の春日神社・東山神社、額田村の額田神社・若宮八幡宮社・山神社・蛭児神社、五条村の八幡宮社、客坊村の一杵島姫神社、四条村の春日神社・素盞鳴命神社、松原村の春日神社・八幡宮社等の神々が、明治5年に合祀されお祀りされています。

以上です。

今日、枚岡神社に参拝したWonderです。

目的は、私の霊的世界の魂と一番縁の深い神様:天児屋命様に参拝する為です。

いつ、行こうかとずーっと思ってはいたんですけど、中々やる気(気合乗りが悪かった)が出なかったので先延ばしにしてました。

今朝、3時頃に目が覚めて、ボーっとしてたら脳みそに閃いた。今日、枚岡神社に参拝に行こう・・・

朝風呂入って、頭二回、体二回洗って、最後に水を頭から浴びてビシっと気合が本格化した。

よっしゃー・・・参拝行くぞぉ・・・

朝の7時過ぎに出発、姫路駅から大阪駅まで行って、環状線外回りで鶴橋迄行き、そこで近鉄奈良線枚岡駅まで行った。約二時間半のコースです。

枚岡駅に着いたのが朝の9時30分頃かな?

緩やかな登り坂を歩いて行くと、虚弱体質には似合わないキツイ階段が少しあった。階段を上まで歩いて左足を境内に踏み入れた瞬間、『ドン・ドン・ドン・・・』と太鼓の音が鳴り響く。先に来ていた神主さんが神事を始める瞬間でした。ふと時計を見ると大体9時40分頃でした。もうね、タイミングがドンぴしゃりでしたよ。ここまでビタ押しは、初めての事です。拝殿で参拝して、お守りとおみくじを購入、また、護摩木?(細長い奴)を3枚購入して私の思っている事(私利私欲は無いよ。)を記入してるとまた『ドン・ドン・ドン・・・』

それから、お守りを売っている所の左を行くと小さな階段がある。何かに導かれるように感じたので階段を上がると、『白いハトと普通のハト』(多分、ツガイ)に遭遇しました。(絵馬を掛けてる所です。)天児屋命様、比売御神様、経津主命様、武甕槌命様が大歓迎してくれてるんだろーなと思ってしまいました。

白いハトに注目して、しゃがんで呼んだらこちらに近づいてくれた。でも警戒してるのか少しだけ離れてました。怖がる様子は無かったですよ。動物に遭遇するのはラッキーやのぉー・・・と思いつつ、摂社 若宮社にて天押雲根命様に参拝した。御神気がビリビリ来ましたよ。それで、拝殿でお賽銭を入れてると、屋根(天井付近)で『コトコト』と動物の走る?歩く?音がした。流石にビックリしたWonderです。朝から幽霊でも出たんか?と思った位です。マジかぁ・・・?と思いつつ、チャチャっと参拝した次第です。ビックリしたんでじっくりと参拝出来んかったような気がする。

その後、末社 天神地祇社にて、天津神々様、国津神々様に参拝して終了しました。

帰ってる最中にもまた太鼓の音が『ドン・ドン・ドン・・・』と鳴り響く。合計5回位は、聴いた。

参拝客が順番に祈祷をしてたみたいです。赤ちゃんも出て来たのでね。

御守りは、『神恩感謝』のお守りと普通の総合的(一般的)なお守りを購入しました。

護摩木は、3本です。

1.『神恩感謝』
2.『世界が平和でありますように』
3.『日本が平和でありますように』

それぞれ1本に1つずつ記入した次第です。

私の場合の平和とは・・・

1.精神的搾取をする人々がいない世の中

2.時間の搾取をする人々がいない世の中

3.差別する人々がいない世の中

4.精神性の高い人々だけが暮らす世の中

5.戦争が無い世の中

を指してます。

該当者は、『改心するか』・『死ぬか』の二択ですよ。

まだ時間はあるよ。研鑽して下さいね。精神性を高めて下さいね。

また、改心すべき人々は改心して下さいね。日本の歴史の真実をきちんと表に出して下さいね。

日月神示の『てんしさま』 →  『この方この世のあく神とも現れるぞ。』

これも、私の事です。

該当者は、胆に銘じて下さいね。

それから、天孫族の神々様は改心しない人々に対しては容赦しないですよ。

これだけは、今の内に何度でも伝えときます。

また

『元の生き神様 御一方 ( おんひとかた ) 御力出しなされたら手も足も出んことになるのじゃ。』

→ これも、私の事です。

まぁ、今回の神社参拝は、天児屋命様も大歓迎の大変素晴らしい神社参拝だったと思います。
初詣で春日大社に参拝した時は、人、人、人にも関わらず私が拝殿で参拝する時は、完全に人払いが発生しましたし、やはり天児屋命様とは、相当縁が深いんだと思います。

神恩感謝ですよ。

それでは
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング