FC2ブログ

被差別部落の人々の本当の起源だよ。

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

お捻り感謝・感謝ありがとう

お味方衆に幸多かれ!

継体天皇

第26代:天皇の第二候補、もう一度伝えます。第二候補だった継体天皇の末裔が今の天皇家です。

なぜ、継体天皇が天孫族の神々様の末裔を穢れが多いエタとして差別をしはじめたのか?

1.継体天皇は、出雲族の神々様の末裔です。

・『記紀』は共に継体天皇を応神天皇の5世の子孫と記している。また、『日本書紀』はこれに加えて継体を11代垂仁天皇の女系の8世の子孫とも記している。近江国高嶋郷三尾野(現在の滋賀県高島市近辺)で誕生したが、幼い時に父の彦主人王を亡くしたため、母・振姫の故郷である越前国高向(たかむく、現在の福井県坂井市丸岡町高椋)で育てられ、「男大迹王」として5世紀末の越前地方(近江地方説もある)を統治していた。

531年に皇子の勾大兄(安閑天皇)に譲位(記録上最初の譲位例)し、その即位と同日に崩御した。崩年に関しては『古事記』では継体の没年を527年としており、そうであれば都を立てた翌年に死去したことになる。『古事記』では没年齢は43歳、『日本書紀』では没年齢は82歳。

・第27代天皇:安閑天皇



継体天皇の長子。母は尾張目子媛(おわりのめのこひめ、尾張連草香女)。

・第28代天皇:宣化天皇



継体天皇の第二子。母は尾張目子媛(おわりのめのこひめ、尾張連草香女)。安閑天皇の同母弟。欽明天皇の異母兄。

・第29代天皇:欽明天皇



継体天皇の嫡男、母は手白香皇女(たしらかのひめみこ、仁賢天皇皇女) 母は、天孫族の方です。

竹田さんの主張は、この人と結婚したから天孫族の神々様の末裔だと主張してます。

それで、全体的に見てみると・・・

どう考えても、長子世襲制です。

従って、出雲族の神々様の末裔です。これ、確定です。天孫族の神々様の世襲制ではありません。

巷には、色んなうんちく垂れてる学問オタクのスペシャリストが存在しますが、最重要視する部分は、客観的に確認して世襲制でしょう。

違いますか?

・末っ子世襲制なら天孫族の神々様の末裔

・末っ子世襲制でなければ、天孫族の神々様の末裔では無い事。

他にも

2.応神天皇の5世子孫???

子孫ってなんや?

YAP遺伝子が重要じゃなかったかい?

竹田先生

父方の遺伝子のYAP遺伝子だよ。

子孫って、母方の子孫ですか?

これって、父方が天孫族で無ければ、天孫族の神々様の末裔とは言えないんですよ。

その位、YAP遺伝子は重要なんですよ。

3.既述の通り、『記紀』によれば先代の武烈天皇に後嗣がなかったため越前(近江とも)から「応神天皇5世の孫」である継体天皇が迎えられ即位したとされる。『日本書紀』の系図一巻が失われたために正確な系譜が書けず、『釈日本紀』に引用された『上宮記』逸文によって辛うじて状況を知ることが出来るが(右図参照)、この特異な即位事情を巡っては種々の議論がある。

『記紀』の記述を信用するならば、継体を大王家の「5代前に遡る遠い傍系に連なる有力王族」とする説が正しい。しかし戦後に天皇に関する自由な研究が認められることになり、継体はそれまでの大王家とは血縁関係のない新王朝の始祖であるとする説が提唱されるようになった。代表的な研究者である水野祐によればいわゆる万世一系は否定され、出自不明の26代継体天皇から新たな王朝が始まったことになり、この新王朝は継体の出身地から「越前王朝」と歴史学上呼称される(詳細は王朝交替説を参照。)。一方で、その出自を近江国坂田郡を本拠とする息長氏に求める説もあり、その根拠としては息長氏が応神天皇の孫の意富富杼王を祖とする皇別氏族(皇族が臣籍降下して誕生した氏族)で、後の天武朝には八色の姓の最高位を賜るなど朝廷から格別な待遇を受けた氏族であり、継体自身も妃の一人を息長氏から迎えていることなどがあげられる[9]。いずれにしても決め手となるような史料はなく、継体の出自に関しては結論は出ていない[10]。

また、即位から大和に宮を定めるまで何故か19年もの時間がかかっていることも不可解で[注 4]、そのため即位に反抗する勢力を武力制圧して王位を簒奪したとする説も出た[11]。継体が宮を構えたのはいずれも河川交通の要衝の地で、大伴氏など継体の即位を後押ししたとみられる豪族の土地も多く、それら支援豪族の力を借りながら漸進的に支配地域を広げていったようにも窺える[12]。しかし大伴氏などは大和盆地に勢力を持っており、継体が宮を築くまで大和にまったく政治力を行使できなかったとは考えづらく、もしも反乱による武力闘争があったのであれば、大和遷都の翌年に起こった筑紫君磐井の乱のように『記紀』に記されていないのは不自然である[13]。一方で、継体が育ったとされる越前、生まれた土地とされる近江、宮があったとされる山城・河内、陵墓が設けられた摂津は日本海−琵琶湖−宇治川−淀川−瀬戸内海の水上交通を中心とした交通路によって結び付いており、継体が地方豪族ながら大王位を継げた背景にはこうした交通路を掌握して強大な政治力・経済力を維持していたことにあるとし、本拠地を離れて大和入りする動機が弱いために敢えて大和に入らなかったとする見方もある[14]。水谷千秋は武力闘争までには至らなかったものの継体の即位に反対する勢力は存在したとし、その中心となった氏族を葛城氏と推測している[注 5]。その根拠としては、葛城氏は武烈までの仁徳天皇の王統と密接な関係があったこと、以降の時代に目立った活動が見られないこと、6世紀後半には拠点であった北葛城地方が大王家の領有となっていることを挙げている。さらに大和入りの後に安閑・宣化が蘇我氏の勢力圏に宮を造営していることから、葛城氏の支流とみられる蘇我氏は宗家と距離を置いて継体の即位を支援し、この時の働きが後の飛鳥朝における興盛のきっかけとなったとしている[15]。また、考古学的な調査からもヤマト王権に従順ではなかったと窺える北部・中部の九州の首長達が中央の混乱に乗じて自立をする気配を見せ、そうした傾向に対する危機感が反目を繰り返していた中央豪族達を結束させ、継体の大和入りを実現させたとしている。大和入りの翌年に勃発した磐井の乱は、継体の下に新たに編成されたヤマト王権の試金石となり、この鎮圧に成功したことによって継体は自らの政権の礎を確固なものとしたと推測している[16]。

近年では、5世紀の大王の地位は特定の血に固定されなかった(即ち王朝ではなかった)とする説もある。継体以前のヤマト王権は各地域国家の連合で、王統は一つに固定されていなかったという意味であり、武光誠は継体以前の大王は複数の有力豪族から選出されたとしている。既述の通り、近年では継体の出自を伝える『上宮記』の成立が推古朝に遡る可能性が指摘され、傍系王族説が再び支持を集めるようになった。すなわち『上宮記』逸文が載っている『釈日本紀』には「上宮記曰一伝」という記述があるが『上宮記』の作者は別史料を引用しており、それにはさらに古い資料に基づいた系譜が載っていたとされていることを根拠とする。

仮に継体新王朝説を採用した場合でも、現皇室は1500年の歴史を持ち、現存する王朝の中では世界最長である[注 6]。それ以前の系譜は参考ないしは別系とするなどして「実在と系譜が明らかな期間に限っても」という条件下においてもこのように定義・認定されることから、皇室の歴史を讃える際などに、継体天皇の名前が引き合いに出されることが多い。



長いのでまとめると

・継体天皇の出自に関しては、結論が出て無い。



都合が悪いのでうやむやにしてるだけじゃーないですか?

・即位から大和入りに19年の歳月を要している。



天孫族の天皇家の家臣(馬飼い・牛飼い)の抵抗じゃーないですか?


・日本書紀の系図一巻が失われた はぁ・・・?



都合が悪いので、処分したのかも?

・継体天皇は、何人兄弟の何番目ですか???



それさえもわからないですよね。これって、物凄く重要でしょう。

血筋を重要視するなら、とても重要な事だと思います。

・今の天皇家の皆さんは、ハプログループDEなんですか?

多分違うんじゃーないですか?

竹田さん、一度YAP遺伝子調査してみませんか?

そうそう、私の調査だと日本国内でYAP遺伝子調査がなぜか何処の企業もやってないんですよね。

それとも、IPS細胞で遺伝子操作をする予定ですか?



ハプログループDEを遺伝子操作で組み込む事が出来るかどうか?

私の分子生物学のレベルでは、さっぱりわからんですけどね。

でもだから、日本国中でSTAP細胞を潰しにかかったんですか?

日月神示には、『一厘の仕組み』とは全く関係ない『竜宮の乙姫様』が出て来るのでね。

あくまでも質問ですので、いちゃもんをつけないでね。

4.武烈天皇をボロカスに伝えた事。
■武烈天皇の「残虐非道」エピソードの背景:ある方のブログ記事をパクリます。すいません。

ちなみに、継体天皇の前の第25代武烈天皇は、妊婦の腹を割いたとか、人を樋に流しそれを矛で刺して喜んだ、などという異常な行動が記録されています。これは、跡を継がせる血統の近い者が途絶えてしまったため、武烈と継体の血筋があまりにも離れてしまうことになってしまったことと関係があるといわれています。血筋の離れた継体に王位を継がせるための理由として「前代が異常な人物だったから」とするしかなかった・・・そう考えられているのです。この推測を補強する事実もあります。このような武烈の残虐非道ぶりは「日本書紀」にのみ書かれており「古事記」には一切出てきません。そのことからも、武烈のエピソードは真実ではないこと、逆に言うとそこまでして継体を跡継ぎにするしかなかった事情があった、という推測はかなり適切なのではないかと思います。



あれ?

もし、同じ天孫族の神々様の末裔ならこんなボロカスな事を後世に残しますか?

他にも確か政治の方針が180度違うって知恵袋にあったんで、再度調査中です。

それで、なぜ継体天皇がエタの人々を最初に差別するようになったのか?

結論ですが

・継体天皇が何人兄弟の何番目かさえわからない事

・長子世襲制である事

・先代をボロカスに伝えてる事

・政治の方針が180度違う事 → 再度、調査中です。

本当は、YAP遺伝子を調査すれば何もかもはっきりするんですよ。

ダビテ王の末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、天孫族の神々様の末裔の遺伝子は・・・

ハプログループDEだったと思います。

日本国内では、まだ見つかって無いYAP遺伝子だよ。

少し話しが逸れましたが、継体天皇は、天孫族の神々様の様々な行いを全否定してるんですよ。

と、言う事は・・・

当然、天孫族の天皇家の家臣の皆さんも全否定されて当然だと思います。

『馬飼い・牛飼い』は、穢れが多いと言う事で獣扱いして差別をし始めた。

これが、エタの人々、四つと呼ばれた人々の本当の起源だよ。

それでは
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Wonder_Ryuchan777

Author:Wonder_Ryuchan777
日月神示:てんしさま
イスラエルの救世主
天照大御神様の荒魂の生まれ変わりの人
伝家の宝刀:神力 ⇔ 天変地異系が得意

日月神示:一厘の仕組み
ヤコブの末裔、イスラエル失われた12支族の末裔、:ダビテ王の末裔、天照大御神様の末裔が日本の被差別部落で生まれた末っ子世襲制のエタの人
理由:末っ子世襲制

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
47位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング