FC2ブログ

康光流 詰将棋の極意

本日の将棋の取り組みです。
今日は朝から集中して詰将棋を取り組んでおりました。目標は『康光流 詰将棋の極意』を仕上げる事でした。結果は仕上げる事が出来ませんでした。超難問が一問ありましたわー・・・それで一生懸命取り組んでましたが、今日はもうこれ以上、上がり目もないのでこれで終了します。

第135問の9手詰め問題から順調に正解に辿り着いてましたが、第149問 20分で三段以上の13手詰め問題で通算考慮時間3時間位でしょうか?(途中気分転換に録画を見たりしましたのでね)それでもまだ、正解に辿り着いてないです。今日仕上げるのが目標だっただけに悔しいですね。
第135問から始めた詰将棋の取り組みですが、第148問(第148問含む)の20分で三段以上の13手詰め問題まで本当に躓く事なく順調でした。全ての問題が10分以内でしょうか?(考慮時間は気にしてなかったので正確な時間は不明です)難問も殆ど無い状況でしたね。少し苦戦した問題が第147問の持ち駒が金4枚の問題位でしょうか?基本的に持ち駒の多い問題は少し苦手です。それでも10分以内でしたけどね。取り組んでいる時は、今日で仕上げて、明日からガチンコ詰将棋をコツコツと取り組もうと企んでました。ものの見事に難問にブチあたったような感じです。まぁ、難しいというか、考慮中に脳みその上がり目が無くなったと伝えるべきか?これ以上取り組んでも無理だろーと判断してやめました。

でも久しぶりに二桁の問題が取り組めたので収穫です。チャチャっと正解に辿り着けたのも収穫です。以前にも伝えましたが二桁問題に取り組むと、読みの段階で一気に13手(今は13手詰め問題ですので)迄は変化も含めて先読みします。率直な感想ですが、これが良いんですよね。深く正確に先読みをする癖が付きます。やはり詰将棋は最低でも二桁を取り組んだ方が絶対強くなると思います。9手詰め問題でも『詰将棋道場 挑戦編』のように難問揃いの本もありますが、二桁問題の方がさらに負荷がかかりますのでね。
(早指し将棋には向いてない取り組みかもしれません)


尚、私にとっては超難問の第149問20分で三段以上の13手詰め問題については、明日以降に取り組みます。今日も全て玉型で取り組みました。(第135問~第148問迄)
詰将棋で1日潰したのも久しぶりですねぇ・・・。まぁ、正直に伝えると詰将棋で苦戦するこの感覚が欲しかったです。

それでは

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Wonder_counter
Wonder_counter2
現在の閲覧者数:
カテゴリ
プロフィール

Wonder_Ryuchan

Author:Wonder_Ryuchan
日本将棋連盟公認:アマチュア四段です。振り飛車党です。
リアル対局の大会で優勝する事を目標に日々研鑽してます。
普段は、将棋ソフト(激指14:五段~四段)ピヨ帝六段(IPAD:R2390、ベンチマーク390=激指14:五段以上六段以下)と無制限戦で研鑽してます。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
375位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
将棋ブログランキング